歯茎が下がっていても矯正治療をして大丈夫か?

歯茎が下がってしまっていても矯正治療をして大丈夫かというご質問をいただくことが良くあります。

 

成人の方の場合、歯並びの悪いところの歯茎が下がってしまっていることが良くありますし、通常の矯正専門医の先生はこの質問にしっかりとした経験にもとずいた回答をできないでしょうから、わかりやすくご説明いたします。

歯周病でないのに歯茎が下がっている場合

 成人の方の歯並びの矯正治療をする場合気にしなければ行けないのは歯茎の状態です。お写真のように、歯茎が下がってしまって、根っこが露出してしまっている場合は、歯を動かすとさらに歯茎が下がってしまいます。

 

 そのため当院では、歯茎が下がってしまっている場合はそのまま矯正治療を行わず、歯茎を回復させる歯ぐきの再生治療を矯正治療前に行う事をお勧めしております.

 

つまり、歯茎が下がってしまっている方が矯正治療を行うとさらに歯茎が下がってしまうリスクが高まります.

 

また、矯正治療中は歯周病のリスクが高まりますので、歯周病のケアをする必要があります.短期間に歯周病のケアをされたい方は歯周内科治療で短期間に歯周病菌を減らす方法をとられる事をお勧めいたします。

 

歯茎が下がってしまっている方は特に、歯周病のリスクを確認するために細菌検査をする事をお勧めしております.矯正治療中に歯周病が進行してしまってはせっかく歯並びを良くしても歯自体を失ってしまう可能性もあるため歯周病の細菌検査や予防は非常に重要だと考えております。

 

歯周内科治療に関しましてはご興味のある方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯周内科のページ

 

また、ただいま歯茎が下がってしまった方の矯正治療に関しましては無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方に矯正治療中に歯茎が下がるトラブルを起きないようにしたいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921