歯茎が下がって削れてしまっている方の治療

歯茎が下がってしまった上、下がったところの歯茎が削れてしまっている方はご注意ください。

 

歯茎が下がってしまって歯の根っこが露出すると虫歯になりやすくなったり、歯が削れてくぼんでしまいやすくなります。

歯茎が下がってしまた場合,歯の根っこが露出してしまいます.


露出した根っこは歯の咬む面とちがう固さで、非常に削れてしまいやすいのが特徴です.根っこが露出してしまうと歯の根っこがえぐれたようにへっこんでしまうのは、歯の根っこの部分が削れやすいからです.


そのため、歯茎が下がってしまった場合は、歯の根っこの削れてしまった部分をレジンと言う詰め物で覆う方法がとられる事がよくあります.

これは、対症療法と言ってとりあえず削れたので詰めておくという方法です。


本来でしたら、歯茎が下がってしまった場合、歯ぐきの再生治療を行って下がった歯ぐきを回復させるのが良いと思います.


歯ぐきの下がったときの治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯茎が下がったときの治療のページ


また、歯茎が下がってしまって治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分(東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921