奥歯の歯茎が下がって知覚過敏になったときの治療

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまって知覚過敏が出てしまっていませんか?

 

歯茎の位置は強い歯ブラシでも下がってしまいます。歯茎が下がると水などの冷たいものでもしみてしまいます。

歯茎が下がった場合、歯茎を再生させることが可能です。

奥歯の歯茎が下がって知覚過敏
奥歯の歯ぐきが性て知覚過敏になってしまったケース

歯茎が下がって知覚過敏に困っていませんか?


歯ブラシでこすり過ぎや磨き過ぎは歯茎が下がる原因の一つですが、知覚過敏だからといって、歯磨きをしないと汚れが残ってしまいます.しっかりと歯ブラシをするために、歯ぐきを回復させる歯ぐきの再生治療も知覚過敏の対処法の一つと考えられます.

下がった歯ぐきを回復させた状態
下がった歯ぐきを覆う事で知覚過敏が軽減されたケース

歯茎が下がってしまっていた奥歯の歯ぐきを歯ぐきの再生治療で回復させています.このかたの場合は知覚過敏が軽減されました.

 

知覚過敏の場合、このケースのように歯の根っこの露出してしまっている所をこすると痛い場合は知覚過敏の症状が軽減する傾向があるように感じます.

 

歯ぎしりによって歯の根っこにくさび状に歯が削れてしまっていて知覚過敏がある方は、歯ぐきを覆う以外にもナイトガードや知覚過敏のお薬を使用するなど複合的に処置をしなくてはいけない場合もあります.

 

歯茎が下がったときの治療法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がってしまって治療をしたいとお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921