歯茎が下がったときは知覚過敏が心配です.

歯茎をこすればこする程、歯茎が下がってしまうって事はご存知でしょうか?


歯ブラシの方法を間違って理解してしまう方の中には、歯茎もゴシゴシこするのが良いと思われている方がいらっしゃるようです.学校で習った?ってことはありません.今日から歯茎を磨く習慣はどうするか考えた方が良いと思います.


また、矯正治療後に歯茎が下がってきてしまう方もいらっしゃいます.


歯茎が下がってしまった場合、歯の根っこが露出しますので知覚過敏となることがあります。知覚過敏の原因は歯茎が下がってしまうことが原因になる場合が虫歯が進行してしまったり、歯にひびが入ってしまったりするケースより高いようです。

 

歯茎の再生治療で歯茎で歯の根っこの露出部分を覆うことで知覚過敏を抑えることができる場合があります。歯の根っこの露出している部分を歯茎で覆うことで、空気や水などの冷たい刺激が直接歯の根っこに伝わらないようになるためです。


知覚過敏を抑えるために歯ぐきの再生治療を行う場合があります.下がってしまった歯茎を回復させる治療方法です.


歯ぐきの再生治療を詳しく確認したい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯茎の下がったときの治療


また、歯茎が下がってしまって歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839