妊娠中の方の歯茎や骨の再生治療について

妊娠中に歯茎が下がってしまったり歯が揺れて感じることが気になってしまう方も多いと思います。

 

妊娠中にさらに歯茎が下がってしまって歯が悪くなってしまうと心配になってしまうのかもしれません。

 

歯茎が下がってしまったり、歯が揺れてしまっている場合は、通常歯茎や骨の再生治療を行います。ただ、妊娠中の方は、レントゲンの撮影やお薬をお出しすることを控えておりますので、再生治療は出産後に行っております。

 

ただ、歯茎が下がってしまっていたり、歯が揺れてしまっている場合に何もしなくても良いかというとそういうわけではなく、歯茎が下がってしまっている場合は、歯ブラシ方法を工夫する必要がありますし、歯が揺れてしまっている場合は歯周病の治療や歯の固定が必要になる場合があります。

 

出産されるまでに歯周病が進行しないようにすることが重要になります。

 

歯の揺れる時の治療のページ