歯周病と見た目について

歯周病が進行してしまうと、歯が長くなったり、歯がゆれてきたり、歯が移動して歯並びが悪くなってしまいます。

 

歯周病が進行して、見た目が気になるようになってしまった方は、通常の歯科治療を行って、歯周病の処置をすると、炎症は治まったけど見た目がさらに悪くなってしまうことも多くあります。こんなことなら歯周病治療をしなければよかったなどという方もいらっしゃいます。

 

今回は、歯周病が進行しても見た目を回復させる歯科治療をご紹介いたします。

 

例えば、左のお写真の方のように、歯茎が下がって歯並びも悪くなってしまうという、典型的な重度の歯周病のケースの治療をご紹介いたします。

 

上の写真の方が、下の写真のようになりました。

 

この歯科治療では、歯茎の再生、骨の再生、審美歯科治療を行っています。従来はこう言った治療が難しかったのですが、この方の場合、歯を抜かずに治療ができました。

 

重度の歯周病で見た目にお困りの方には朗報かもしれません。

 

歯茎の退縮と審美歯科のページ