歯周病Blog 歯茎が下がるときの歯のみがき方

歯周病が進行してしまうと、歯茎が下がり、知覚過敏などの症状が出るようになったりします。

 

歯茎が下がってしまうと歯磨きが難しくなります。通常の歯ブラシでは歯と歯の間を磨けないためです。サイズのあった歯間ブラシを使用してください。

 

また、歯周病で歯茎が下がった場合は、柔らかい毛先の歯ブラシで、時間をかけて磨いてください。歯と歯茎の境に磨き残しができないように磨いてください。また、歯の毛先が曲がってしまった場合はすぐに交換してください。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921