犬歯の歯茎は下がりやすい?

八重歯ではなく歯茎が下がっている
八重歯ではなく歯茎が下がっている。

犬歯は八重歯に見える歯のことを言いますが,きれいな歯並びをしていて昔は八重歯ではなかったのに犬歯が長くなって見えてしまう事があります.これは犬歯の歯茎が下がってしまい,歯が長くなって見えるために、八重歯の様に犬歯が目立ってしまうために起こります.

 

犬歯の歯茎は元々歯を覆う骨が薄い部分ですので下がりやすい部分ではあります.歯ブラシや、歯ぎしりに注意して歯茎が下がらないように予防する事も必要かと思います。

 

犬歯の歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療が有効な場合が多いです.完全に歯茎をもとの状態まで回復させる事が可能になるケースも多いです.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

犬歯の歯茎が下がったときの治療
犬歯の歯茎が下がったときの治療

歯ぐきの再生治療によって犬歯の歯茎が回復しています.歯の長さを元に戻す事で歯並びもよく見えます.