歯と歯の間の歯茎が下がった時はダイレクトボンド方で歯の隙間を埋めて綺麗にします。

成人の方が、並んでない歯を矯正治療などで綺麗に並べると、ハト派の間のに三角形の隙間ができることがあります。この隙間のことをブラックトライアングルと言っています。

 

前歯にこのブラックトライアングルができてしまうと、見た目が悪くなってしまいます。スキッパと言われている状態です。物が挟まりやすくなることも問題です。

 

こういった隙間を目立たなく綺麗にする方法にダイレクトボンド方があります。この方法の利点は歯を削らずに見た目を綺麗にすることができるということです。

ダイレクトボンド方で歯の隙間を埋める治療例

歯茎が下がる
歯茎が下がる 治療前

歯と歯の間の歯茎が下がってしまう事があります.こういったケースでは下がった歯ぐきを回復させるのではなく歯にダイレクトボンド法と言って詰め物をくっつける治療を行います.

前歯の歯ぐきが下がって黒く空いていた部分をダイレクトボンド法にて埋めています.自然な感じの仕上がりですので、違和感はありません.



歯茎が下がったときの治療のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839