歯茎が下がってしまったら手遅れでしょうか?

だんだん歯茎が下がってくると、大変なことになったのかもと思われるかもしれません。歯茎が下がってくると、歯の長さが長く見えるようになってきます。

 

ただ、だからと言って何もしないという方が、ほとんどだと思います。歯茎を回復させるという選択肢をご存知ない方が多いのかと思います。

 

ご自身の歯の歯茎が下がってしまう場合、差し歯の歯茎が下がってしまう場合、矯正した後に歯茎が下がってしまう場合、インプラントの歯茎が下がってしまう場合など、いろいろな場面で歯茎が下がってしまうことがあります。

 

こういった時に歯茎を回復させる方法が歯茎の再生治療です。


差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療例

差し歯の歯茎が下がってしまうのは、特殊な状況かもしれません。歯茎下がっていると、差し歯の交換をしても、新しい長い差し歯が入ってしまいます。

 

差し歯の歯茎の場合でも歯茎の再生治療は有効です。

 


差し歯の歯茎が下がってしまった場合
差し歯の歯茎が下がってしまった場合

差し歯の歯茎が下がって、そのままオールセラミックで治療していますが、歯の長さが長くなってしまっています。

差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療
差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療

差し歯の歯茎が下がっても、諦めなくても良いかもしれません。

 

上の写真の状態から、歯茎の再生治療を行うと下のお写真の状態になります。前歯のオールセラミッックも交換が必要ですが。


歯茎が下がってしまってお悩みの方は、まずは歯茎が下がった治療の詳しいページをご覧ください。

 

歯茎が下がってしまった時の治療のページ