インプラントをしている部分の歯茎が下がってしまった方

インプラント治療を行った部分の歯茎が下がってしまう事があります.特に前歯の歯茎が下がってしまうとインプラントの金属部分が歯茎を通して黒く見えてしまいます.

 

こういったケースでは、歯茎の厚みを増して下がった歯茎を回復させるために歯茎の移植を伴う歯ぐきの再生治療を行います.

 

ただし、インプラントの場合天然の歯とちがって血液の循環が悪いため、インプラントの再生治療は天然の歯の場合より難しいケースがあります.詳しくはご相談ください.

インプラントの歯茎が下がった場合の治療例

インプラントが露出してきたようで金属が少し見えてきています。前歯なので目立ってしまいます。歯茎の再生治療を行うことにしました。

このケースのようにインプラントを行った周囲の歯茎が薄い場合も天然の歯と同様に歯茎が下がってしまう事があります。

天然の歯と同様、歯ブラシをゴシゴシ磨かないように注意しましょう。

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎の移植でインプラントの露出してしまっていた部分を覆いました。このケースのように、インプラントの部分でも歯茎を回復させる事ができる場合があります。

まずは無料カウンセリングにお越し下さい。

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921