歯周病 専門ページへようこそ

歯周病は治ります。と言われたことはございますか?通常、進行してしまった歯周病はお掃除して経過を見て行きましょうとか、こうなったら歯を抜かなくてはいけません。と言われているようです。中には、歯を抜かれてしまうので怖くて歯医者に行けないという方もいらっしゃいます。

 

歯周病の中でも、歯周病を回復させる治療、再生治療に焦点を当てて解説いたします。

 

初めまして、神田ふくしま歯科の福嶋です。当院は、歯周病を中心に歯科治療を行っています。単にお掃除するだけでなく、外科的に拡大鏡を使用してしっかりと歯茎の中の歯石を取り除く治療を中心に歯周病治療を行っています。

 

歯周病は、年を取ると自然にかかる病気ではありません。

歯周病菌が繁殖しなければ歯周病は治ります。

 

ただ、重度に進行してしまった歯周病では、歯周病菌をなくして、増殖するのも防ぐということは難しいです。

 

その人に合った歯周病治療がありますので、しっかりと検査して、治療方法を確認されることが大切です。


このページは医療法人社団歯健会が監修しております。

神田ふくしま歯科

福嶋広

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


歯周病治療の失敗

当院にいらっしゃる方の多くは歯周病に関心があり、ほとんどの方が定期的に歯科医院でお掃除をしています。

 

それにもかかわらず、歯周病が進行してしまっています。

 

原因は、歯茎の中の歯石を取っていないからです。また、定期的にレントゲンを撮り、歯周ポケットの検査をしない歯科医院が多いため、歯周病の進行を抑えることができていないのです。

 

中程度から重度の歯周病の治療は、歯科衛生士さんが、超音波のスケーラーでお掃除するだけでは治りません。しっかりと歯周病の原因になっている歯茎の中の歯石を取り残さないことが重要になります。

 

メンテナンスをしているのに重度の歯周病になってしまったということの内容に、しっかりと歯周病のポケットをなくすことが重要になります。


歯周病のトピックス

歯周病の方は、症状によって進行具合が予想されたり、治療方法が変わります。典型的な症状や治療方法の選択などのトピックスを紹介いたします。


1、歯周病の典型的な症状について

歯茎からの出血
歯茎からの出血

歯茎からの出血を気にされる方はこちらを検索してください

歯茎の出血

歯の揺れを気にされている方はこちらから検索してください。

歯が揺れる方

歯茎の退縮
歯茎がなくなる

歯茎がなくなったことを気にされている方はこちらから検索してください。

歯茎がなくなった方



2、あなたは歯を残したい方ですか?それとも抜いてインプラントが良いと考えてますか?

歯周病が進行した場合、特に奥歯の歯周病の進行した場合、早めに抜いてインプラント治療を進める歯科医院が増えてきているようです。

 

歯周病が進行すると周りの骨がなくなるのでインプラントをするとき骨を作ったりして複雑になるので早めに抜いてインプラントを勧められるようです。

 

しかし、奥歯の歯周病は初期の段階では抜く必要はなく、的確な歯周病治療で長期間の保存が可能となります。骨の再生治療を行うことで、歯を抜かずに済む可能性が格段に高くなります。

 

インプラントに関しては歯を残せない場合にお考えになられる方が良いのではないでしょうか。


3、歯周病の治療は歯茎の中の細菌を取り除きその状態を維持する事が重要になります。

歯周病が進行する場合,歯の表面にいた細菌が歯の根っこの表面を伝わって歯茎の中に入り込みます。歯茎の中に入り込んだ歯周病の細菌はバイオフィルムというバリアーを作り増殖します。

バイオフィルム内で増殖する細菌は薬液などによる消毒によって消滅させる事が難しく、機械的に削り取る事が必要になります。

歯茎の中深くに入り込んでしまった場合,外科的に歯茎を開かないと細菌を取り残す可能性が高くなりますので、外科的な歯周病治療が必要になります。

 

歯茎の中の細菌を取り除いても歯ブラシの方法が適当でないと、比較的短期間に細菌が歯茎の中に再度入り込んでしまいます。

適切な歯ブラシが歯周病の再発予防に重要になります。


4、歯周病の方の歯ブラシの仕方

歯周病の方は、歯周病に効果的な歯ブラシ方法を行わなくてはいけません。

 

通常の歯ブラシに加え、歯周病で下がってしまった歯と歯の間をしっかりと歯磨きをして歯垢を取り除く必要があります。糸ようじに加えサイズの合った歯間ブラシの使用は重要です。

 

歯ぐきを傷付けないように歯間ブラシの方向に気を付けて歯と歯の間の隙間と同じ方向・角度に歯間ブラシを入れて10回程歯の根っこをこするように磨きます。

 

また、歯茎の際の部分は磨きにくいようでしたら、小さい毛先の歯ブラシを使用して磨く必要がある場合もあります。

 

歯ブラシでしっかり磨くのが基本ですが,どうしても完全には磨けない事が多いので、定期的に歯科医院にクリーニングに行かれる事をお勧めします。


無料カウンセリングお問い合わせ

歯周病が気になる方は、まずは無料カウンセリングにお越しいただいて歯周病の状態を確認した上で、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングはご予約制となります。営業時間中にお電話頂くか、メールでお問い合わせください。

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

ご予約は込み合いますので、お早めにご連絡ください。



歯周病のブログ

歯茎が下がった場合、どこで治しますか?

通常、歯茎が下がっても歯茎を回復させる治療を行っている病院は少ないようです。また、歯科医師の中でも一般的な治療でないので、経験症例数も少ない場合が多いようです。


歯茎が下がった場合,一般的な歯科医院では経過を見るだけで歯茎を回復させる事ができません。定期的なメンテナンスをすることで、下がった歯茎が炎症を起こさないように現状維持を目指すことが多いようです。

 

歯茎が下がった時の回復させる治療はまだ、歯科医院では一般的ではないため,もし治療をご希望の方は歯茎の再生を行っているか確認されると良いと思います。


特に、差し歯の歯茎が下がってしまった場合に、差し歯を作り直すだけで、処置が終わってしまい、左右の差し歯の長さがことなってしまうということも多いようです。見た目が悪くなってしまうので、差し歯の歯茎が下がって治したい場合は、歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。


現在、東京の神田にしか病院がございませんが、当院にお越しいただけましたら歯茎を回復する治療を行う事は可能です。

 

歯茎が下がってしまった時の治療に関するページは下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください。


歯茎が下がった時のページ

 

また、歯茎が下がってしまって治療を希望される方、まずは無料カウンセリングにお越しください。ご予約制となっております。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

まで


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

アクセス

あなたの歯茎から出血した場合の磨き方

ショックですよね。歯ブラシをしていたら出血してしまうことがあります。

 

歯茎から出血したというと驚かれる方も多いのではないでしょうか。通常、歯茎から出血するのは歯茎が歯周病で炎症を起こしているためです。つまり歯周病が始まっていると考えたほうが良いでしょう。

 

ただ、歯茎からの出血は歯ブラシの方法を丁寧にすることで抑えることができます。どのような方でも、1週間ほど忙しくて歯ブラシがおろそかになると出血しますので、歯周病の重症度と歯茎からの出血は一致するわけではないので、まずは歯ブラシを改善してから、早めに歯科医院に検診に行かれることをお勧めします。

 

歯茎からの出血を抑える歯磨き方法で歯ブラシをしてください。まず、ずきずき痛む場合は歯ブラシするより歯科医院で消毒していただいた方が良いのでそうしてください。痛くない場合、歯ブラシの毛先の普通か柔らかいものを選んで、歯茎と歯の付け根に合わせて1本あたり20回こすってください。痛いときは歯茎をこすっていますので歯茎に当たらないようにしっかりと歯に当ててください。

 

1週間もすると歯茎からの出血は収まります。

 

ただ、出血の原因は歯石の上に磨き残しがついてしまっているためですので、磨き残しの付きやすい歯石は歯科医院でお取りになられるのが良いと思います。ご自身で取ろうとすると歯茎を傷つけてしまうこともあります。

 

歯茎からの出血に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎からの出血の詳しいページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120-25-1839

03−3251−3921

歯茎が下がる理由にお答えいたします。

歯茎が下がってしまうのはなぜでしょうか。

 

歯茎の下がってしまうのは単に歯ブラシでこすりすぎてしまったと言う場合もありますが,そうでない事もあります.

 

若い方でも歯茎が下がってしまう方もいれば、年配の方でも歯茎がしっかりとしている方もいらっしゃいます。

 

歯茎が下がるのは加齢的な現象ではありません。

 

歯茎が下がる一番の原因は歯周病です。歯周病もまた加齢的な現象ではありません。歯周病は炎症です。炎症を取る必要があります。

 

また、歯周病以外にも歯ブラシの強さも気をつけてください。最近電動歯ブラシの普及で歯のことを気にされる方は特に長時間使用している場合があります。電動歯ブラシの長時間使用は歯茎を痛めます。そして歯茎は下がります。同じ所ばかりを磨いている方や、固い毛先の歯ブラシで歯茎をこすっている方なども歯茎が下がってしまう可能性が高くなります.

 

歯ぎしりの強い方も歯茎が下がります。歯の根っこが削れてなくなるためと思われます。

 

このように、歯茎が下がってしまう原因はいろいろあります。通常の歯科治療では下がった歯茎を元に戻す方法はありません。

 

歯茎が下がった時は再生させる方法に歯茎の再生治療があります。歯茎の再生治療は、保険が利きませんので将来的な歯にかかる費用と再生をやったときの費用を比較してどうするか検討されるのも一つの方法です。

 

歯茎が下がり続けて歯が悪くなって最終的に抜くことになると思いますが、その後の治療費を考えると再生治療を行って歯を持たせることに費用をかける用がメリットがあると思われます。

 

歯茎が下がってしまった時の治療方法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がった時の治療法

 

歯茎が下がってしまって治療を希望される場合はただいま無料カウンセリングを行っております.この機会にご利用ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯が揺れてしまう場合の歯周病の重症度

歯周病が進行して歯が揺れてしまう場合、歯周病が重度に進行していると言えます。


歯周病の炎症がおこると体の免疫が反応して炎症の周りの骨を吸収させます。骨が吸収してくると歯が揺れたり動いたりしやすくなります。つまり、歯周病が進行するほど歯が揺れてくるようになります。ご自身でわかるほど歯が揺れてしまっている場合は、通常かなり歯の周囲の骨がなくなってしまっています。

 

そして完全に歯を支えている骨がなくなってしまうと歯が抜けてしまいます。完全に歯の周囲の骨がない場合は、骨の再生治療もできません。


予防方法としましては、歯周病が中程度以上の方は定期健診が大切になります。定期健診で歯周病の検査や、レントゲンも定期的にはされることが歯周病の進行から守ります。


歯周病は、初期の段階、中程度の段階、重度に進行した段階とステージを徐々に上げて進行します。同じ人のお口の中でも歯周病の進行は場所によって異なります。


初期の段階での歯周病予防、中程度の段階で骨の再生治療を含めた歯周ポケットの除去治療を行うことでさらに歯周病が進行しないようにすることが重要になります。

 

歯の揺れる方のページ

 

歯周病が気になる方はまずは無料カウンセリングで、歯周病の状態を確認されてください。無料カウンセリングでは治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

 

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


骨が溶けるって歯周病の話ですか?

歯周病で顎の骨が溶けるって話を聞いたことがありますか?

 

一瞬にして骨が溶けるわけではありませんが、歯周病が進行すると歯周病の進行した歯の周囲の顎の骨がなくなっていき、溶けてしまったように見えます。

顎の骨が溶けた!?

歯周病はお口の中の炎症です。
歯周病はお口の中の炎症です。

 

 

歯を抜く原因の1位である歯周病は歯の周囲の骨が溶ける病気だって事はあまり知られていないのでしょうか?

 

歯周病というと歯茎が腫れているだけで歯磨きをしっかりとすれば治ると思われている方も多いのではないでしょうか。

 

歯周病はお口の中の細菌が原因となる病気です。骨を溶かすような病気を他に思い浮かべる事ができますか?歯周病の部位では体の骨を溶かしてしまうような強い炎症が起こっています。

 

歯周病の原因になるお口の中の細菌を取るために、歯石や歯茎の中に入っている細菌の固まりを取り除く必要があります。

 

歯周病でお口の中をスッキリさせるためには、一時的なうがいなどではなく、しっかりと歯茎の中からお掃除される事をお勧めします。

 

歯周病が気になる方は一度しっかりと歯周病治療を確認された方が良いと思います.下記の歯周病のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いておりますので、クリックしてご覧ください.

 

歯周病の治療に関する詳しいページ

 

また、歯周病治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングは御予約制となります.通常歯周病のご相談などで歯科医院に行かれると、数千円〜場合によっては数万円の料金がかかります。当院では、歯周病の治療をどうしようか迷われている方が病院に行きやすいように無料カウンセリングを行っております。この機会にぜひご来院ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921

~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。このケースでは20万円(税別)かかりました。また、オールセラミック ブリッジも保険外診療となります。6本のブリッジで60万円(税別)かかりました。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全にはの揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。

奥歯の歯茎が下がって知覚過敏になったときの治療

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまって知覚過敏が出てしまっていませんか?

 

歯茎の位置は強い歯ブラシでも下がってしまいます。歯茎が下がると水などの冷たいものでもしみてしまいます。

歯茎が下がった場合、歯茎を再生させることが可能です。

奥歯の歯茎が下がって知覚過敏
奥歯の歯ぐきが性て知覚過敏になってしまったケース

歯茎が下がって知覚過敏に困っていませんか?


歯ブラシでこすり過ぎや磨き過ぎは歯茎が下がる原因の一つですが、知覚過敏だからといって、歯磨きをしないと汚れが残ってしまいます.しっかりと歯ブラシをするために、歯ぐきを回復させる歯ぐきの再生治療も知覚過敏の対処法の一つと考えられます.

下がった歯ぐきを回復させた状態
下がった歯ぐきを覆う事で知覚過敏が軽減されたケース

歯茎が下がってしまっていた奥歯の歯ぐきを歯ぐきの再生治療で回復させています.このかたの場合は知覚過敏が軽減されました.

 

知覚過敏の場合、このケースのように歯の根っこの露出してしまっている所をこすると痛い場合は知覚過敏の症状が軽減する傾向があるように感じます.

 

歯ぎしりによって歯の根っこにくさび状に歯が削れてしまっていて知覚過敏がある方は、歯ぐきを覆う以外にもナイトガードや知覚過敏のお薬を使用するなど複合的に処置をしなくてはいけない場合もあります.

 

歯茎が下がったときの治療法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

 

 

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

お写真では、上奥歯3本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がったときは知覚過敏が心配です.

歯茎をこすればこする程、歯茎が下がってしまうって事はご存知でしょうか?

 

歯ブラシの方法を間違って理解してしまう方の中には、歯茎もゴシゴシこするのが良いと思われている方がいらっしゃるようです.学校で習った?ってことはありません.今日から歯茎を磨く習慣はどうするか考えた方が良いと思います.

 

また、矯正治療後に歯茎が下がってきてしまう方もいらっしゃいます.

 

歯茎が下がってしまった場合、歯の根っこが露出しますので知覚過敏となることがあります。知覚過敏の原因は歯茎が下がってしまうことが原因になる場合が虫歯が進行してしまったり、歯にひびが入ってしまったりするケースより高いようです。

 

歯茎の再生治療で歯茎で歯の根っこの露出部分を覆うことで知覚過敏を抑えることができる場合があります。歯の根っこの露出している部分を歯茎で覆うことで、空気や水などの冷たい刺激が直接歯の根っこに伝わらないようになるためです。

 

知覚過敏を抑えるために歯ぐきの再生治療を行う場合があります.下がってしまった歯茎を回復させる治療方法です.

 

歯ぐきの再生治療を詳しく確認したい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください.

 

歯茎の下がったときの治療

 

また、歯茎が下がってしまって歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839

矯正治療をした方の歯茎が下がる場合

矯正治療をした方の歯茎が下がってしまう事がよくあります.


歯茎が薄い場合は矯正治療中に歯茎が下がってしまう事があります.歯茎が下がってしまった場合は歯茎を回復させる方法もあります.

歯茎が下がってしまいやすいケース

歯茎が下がっている方の矯正治療の場合
歯茎が下がっている方の矯正治療の場合

矯正治療で、凸凹していた歯並びをきれいに並べた場合、歯茎が下がってしまう事がよくあります。

特に元々歯茎が下がっている成人の方の矯正治療では、さらに歯茎が下がってしまう事になります.

 

歯茎が薄い場合は矯正治療をする時に歯茎が下がる可能性がありますので、あらかじめどうするかお考えの方が良いかもしれません.

 

矯正治療をお考えの成人の方は、歯茎が下がる事を予防しながら矯正治療を行う必要があります。歯を支える顎の骨に厚みを増やしてから矯正を行い、矯正治療後に歯茎の再生を行う事が一般的です.

 

歯茎の再生は歯茎が下がったときの治療のページをご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制となります.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

~歯茎の再生治療の注意~

 

矯正治療後に歯茎が下がってしまうことがあります。

 

歯茎を回復させるための歯茎の再生治療は1〜3本で6万円(税別)かかります。

 

 

また、歯と歯の間の骨が吸収して隙間ができているケースでは、歯と歯の間の歯茎の回復はあまり期待できません。見た目がきになる場合は、ダイレクトボンド法(保険外診療で1箇所3万円税別)にて隙間を埋めることも可能です。

歯茎が下がった場合に治す歯科治療があります.

歯茎が下がってしまう事はよくあります.差し歯の歯茎が下がると黒く見えますし,ご自身の歯の歯茎が下がると歯が長く見えます.

 

歯茎が下がってしまった場合あきらめていませんか?

 

下がった歯茎を戻す歯科治療があります.

 

歯茎の再生治療と言う方法があります。歯ぐきの再生治療で下がった歯茎をもとの状態に回復させます.この方法は、歯茎の移植を伴う方法です。歯茎の移植というと大変な事に感じられる方もいらっしゃいますが,それほど大変な事ではありません.

 

歯茎の再生治療で、下がった歯茎を戻したいという方はこのページの歯茎が下がる時の治療の項目をご覧ください。

 

歯茎の移植は簡単な外科処置ですので心配はありません。

 

歯茎が下がった時の治療のページ

 

歯茎が下がってしまって、歯ぐきの再生治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお電話でご予約いただいてからご来院ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

歯周病の検査にはCT撮影が有効です。

歯周病の問題は顎の骨が吸収してしまう事が一番の問題です.


顎の骨が無くなる事で歯が抜けてしまいます.そのため、顎の骨が吸収しないように歯周病治療を行います.歯周病治療を行う際に吸収している骨の状態を正確に把握する必要があります.


歯科用CTは歯の周囲の骨の状態を把握するために重要な役割を果たします.2次元的なレントゲンではわからない骨の吸収を確認する事が出来ます.


骨の吸収には歯科用CTが有効

歯科用CTで歯周病の進行が分かります。
歯科用CTで歯周病の進行が分かります。

歯周病が進行してしまうと、歯の周囲の骨が3次元的に複雑な形に吸収して来ます。そのため、骨の再生を行う場合,歯科用のCTを撮影して、歯の周囲の正確な骨の状態を確認します。

骨の吸収状況によって歯茎の切る範囲や使用する材料が変わってきますので、事前に骨の状況を把握できる事は効率よく外科処置をするために有効です。

 

歯周外科処置についてのページ

 

CTは保険外診療となります。1回の撮影で5千円(税別)かかります。

 

歯茎の下がった方がまず注意する歯ブラシ

歯茎が下がってしまった時にまず注意する事は歯ブラシです.

 

歯ブラシの種類、歯ブラシの仕方の注意事項を守られる事でさらに歯茎が下がってしまう事をある程度予防できます.

 

まず、歯ブラシの仕方ですが,歯茎の下がってしまった方は、歯磨きを長時間しすぎてさらに歯茎を下げてしまう場合があります。何十分も歯を磨き続ける必要はありません.同じ所を磨きすぎるのは歯茎にも歯にも良くありません.

 

歯ブラシの毛先の固さですが、固い毛の歯ブラシの使用は歯茎を傷つけ歯茎が下がる原因となってしまいます。固めの歯ブラシの先を使用せず、普通か柔らかいものを使用してください.

 

また、歯ブラシでこする力加減にも注意が必要です.不用意に力を入れないように気をつけてください。軽く握って歯ブラシをして頂いても十分に磨けます。

 

歯ブラシのの方法をご確認ください.

 

まず、磨く場所を意識して歯を磨いてください.無意識に歯ブラシをしていると同じところだけを長く磨いてしまっている場合があります.同じ箇所を20回以上磨かないように、できれば鏡を見ながらどこを磨いているかを意識して奥歯から順番に磨いていく事をお勧めします。

 

右上奥歯〜上の前歯〜左上奥歯〜左下奥歯〜下前歯〜右下奥歯の順番で磨く事がおすすめと言われています.一度磨いた所に戻らずにいったん全部の歯を磨いてください.そして、磨きが足りないと思う部分を全部磨き終えてから追加で磨いてください.闇雲に右を磨いて疲れたら左を磨きしばらくしてまた右を磨くような磨き方はお勧めできません.

 

歯茎が下がってしまったときの治療方法、治療例などに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎が下がる

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

歯周病で歯茎が下がってしまった場合の治療

奥歯が歯周病になり進行してしまった場合、骨と歯茎が吸収してなくなってしまう事があります。

 

こういった場合は、まず骨を再生してその後に歯茎の再生治療を行います。

 

ただ、完全に元の状態に戻せない場合がおおいです。

歯周病が進行して歯茎が下がる
歯周病が進行して歯茎が下がる

歯周病で歯の周囲の歯茎が下がってしまった場合は、いきなり歯茎の再生治療を期待することはできません。まずは歯周病の治療を行い、骨を再生させてから歯茎の再生治療を行います。

骨と歯茎の再生治療後の状態。

完全な感じの回復までには至りませんでしたが、下がってしまった歯茎がかなり回復しました。


吸収している顎の骨が回復するのは難しく、完全に元の状態になるのは難しいのです。


今後さらに骨を再生できるように再生治療が発展するのを期待しております。


歯茎が下がった時の治療のページ


~骨の再生治療の注意~

 

骨の再生治療は保険外診療となります。このケースでは20万円(税別)かかりました。また、歯茎の再生治療は3本で7万円(税別)かかりました。

 

骨の再生治療は、完全に元の骨の状態に戻せるわけではありません。このケースのようにある程度骨の回復をさせたとしても、完全にはの揺れが止まらない場合は、歯の揺れを止めるために連結固定をします。固定が必要があることが多いです。

 

 

骨の再生治療は外科処置となります。骨の再生治療後に炎症を起こしたりしないよう、外科治療前にしっかりと歯茎の炎症を取ることが必要になります。


歯茎が下がってしみる場合

歯茎が下がってしまってしみてしまう、知覚過敏の問題があります。


歯茎が下がってしまうと、歯の根っこが歯茎の外に出てしまい、歯の根っこが削れてしまったり、磨きにくく虫歯になってしまう問題が発生します。そんな時に知覚過敏の問題が起こる場合があります。


また、歯茎が下がるとそのほかいろいろと問題が出てきます。


知覚過敏・見た目の問題・歯周病や虫歯のリスクが高まる(歯を抜かなくてはいけない深刻なものもあります。)などの問題が出てきます。


歯茎が下がった初期に歯茎を回復させる事は良い事です。(歯茎を回復させる方法を歯茎の再生治療と言っています)

歯茎が下がってしみてしまうケース

歯茎が下がってきた状態
歯茎が下がってきた状態

お写真では、下の前歯の歯茎が下がってしまっています。そして、下がった歯茎に歯石がついてしまっています.このお写真のケースのように下がった歯茎に歯石がついて歯周病が進行してしまうとかなり重症な歯周病になってしまい歯を残せないこともあります。歯茎が下がると歯が磨きにくくなるため、歯周病が進行しやすくなります。

 

歯茎が下がってしまって知覚過敏が気になるのでしたら、合わせて歯周病などのケアをされることをお勧めします。歯を抜かずに残すために歯茎が下がってしまった場合には注意をすることが必要です。

 

歯茎が下がってしまった時に行う歯科治療に関してのページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がったときの治療に関するページ

 

歯茎が下がった時の治療をと希望の方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお電話ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

 


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

繰り返しになりますが,歯ブラシの使い方が重要です.

歯周病や、歯茎が下がってしまった方は歯ブラシの方法を再確認される方が良いかもしれません.

 

自己流の磨き方や、小学校以来の磨き方が常に悪いわけではありませんが、歯周病や歯茎が下がってしまったときの歯ブラシの方法は通常の虫歯の磨き方とは異なるものですので、ご注意ください.

 

歯周病になってしまった方は、日々の歯ブラシの習慣を変える必要があります。歯磨きにかけていた時間を長くする必要もありますし、鏡をみならが磨いていただく必要もあります。また、使用する歯ブラシも何種類かお使いいただくことになります。

 

歯ブラシを上手にすることで歯周病の炎症を抑え、歯科医院での処置を有効にします。歯ブラシができてない場合、歯科医院での治療が無意味になってしまうこともあります。

 

歯ブラシの仕方でよく注意して頂くのは強く磨き過ぎや長く磨き過ぎに関してです。お口の中を拝見すると歯茎が白くなってしまっていたり、こすれて歯の表面が薄くむけてしまっていたりする事があります。これは歯ブラシで歯茎が痛んでいる状態です。

同じところを何度もこする癖が合ったり、歯ブラシの毛先が固い物を使用していたりするとすぐに歯茎は痛んでしまいます。

また、歯茎が下がってしまう事もよくあります。ご注意ください。

 

虫歯の予防のための歯ブラシではなく、歯周病や歯茎が下がってしまった方のための歯ブラシ方法をしなくてはいけないかたも中にはいらっしゃいますので、状況に合わせた歯ブラシ方法を確認ください.もちろん独学より、歯ブラシのプロである歯科衛生士の指導を受けた方が良い場合が多いでしょう.

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

歯周病の歯ブラシお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

 

 

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療 差し歯を交換するケース

差し歯の歯茎が下がってしまった場合、差し歯の交換を含めて治療法を考えております。

 

差し歯の適合が良い状態か、悪い状態化を判断して、差し歯の交換するかどうかを判断しております。炎症が起こってしまっていると歯茎の再生治療がしっぱいしてしまうことがあるためです。

差し歯の歯茎が下がったり黒ずんでしまっている場合、差し歯の適合が良いか悪いかで再治療が必要かどうか判断させて頂いております.極端な例のお写真ですが,差し歯と歯の間の継ぎ目にお写真のように黒い線が入っている場合、差し歯の適合が悪いと判断します.

 

差し歯の適合が悪い場合は差し歯をお作り直した上で歯ぐきの再生治療を行う事になります.適合が良い場合は、そのままの状態で歯ぐきの再生治療を行える場合もあります.

 

差し歯の歯茎が下がってしまった場合の歯ぐきの再生治療は下記のリンクページに詳しい内容を載せさせて頂いておりますので、クリックしてご覧ください.

 

歯茎の下がった場合の治療法のページ

 

また、歯茎の再生治療は保険外診療となります。1〜3本で7万円(税別)かかります。歯茎が下がったときの治療をお考えの方は、無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングでは治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをしております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

03−3251−3921