歯周病 専門ページへようこそ

歯周病は治ります。と言われたことはございますか?通常、進行してしまった歯周病はお掃除して経過を見て行きましょうとか、こうなったら歯を抜かなくてはいけません。と言われているようです。中には、歯を抜かれてしまうので怖くて歯医者に行けないという方もいらっしゃいます。

 

歯周病の中でも、歯周病を回復させる治療、再生治療に焦点を当てて解説いたします。

 

初めまして、神田ふくしま歯科の福嶋です。当院は、歯周病を中心に歯科治療を行っています。単にお掃除するだけでなく、外科的に拡大鏡を使用してしっかりと歯茎の中の歯石を取り除く治療を中心に歯周病治療を行っています。

 

歯周病は、年を取ると自然にかかる病気ではありません。

歯周病菌が繁殖しなければ歯周病は治ります。

 

ただ、重度に進行してしまった歯周病では、歯周病菌をなくして、増殖するのも防ぐということは難しいです。

 

その人に合った歯周病治療がありますので、しっかりと検査して、治療方法を確認されることが大切です。


このページは医療法人社団歯健会が監修しております。

神田ふくしま歯科

福嶋広

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6Fスターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


歯周病治療の失敗

当院にいらっしゃる方の多くは歯周病に関心があり、ほとんどの方が定期的に歯科医院でお掃除をしています。

 

それにもかかわらず、歯周病が進行してしまっています。

 

原因は、歯茎の中の歯石を取っていないからです。また、定期的にレントゲンを撮り、歯周ポケットの検査をしない歯科医院が多いため、歯周病の進行を抑えることができていないのです。

 

中程度から重度の歯周病の治療は、歯科衛生士さんが、超音波のスケーラーでお掃除するだけでは治りません。しっかりと歯周病の原因になっている歯茎の中の歯石を取り残さないことが重要になります。

 

メンテナンスをしているのに重度の歯周病になってしまったということの内容に、しっかりと歯周病のポケットをなくすことが重要になります。


歯周病のトピックス

歯茎からの出血
歯茎からの出血

歯茎からの出血を気にされる方はこちらを検索してください

歯茎の出血

歯の揺れを気にされている方はこちらから検索してください。

歯が揺れる方

歯茎の退縮
歯茎がなくなる

歯茎がなくなったことを気にされている方はこちらから検索してください。

歯茎がなくなった方


あなたは歯を残したい方ですか?それとも抜いてインプラントが良いと考えてますか?

歯周病が進行した場合、特に奥歯の歯周病の進行した場合、早めに抜いてインプラント治療を進める歯科医院が増えてきているようです。

 

歯周病が進行すると周りの骨がなくなるのでインプラントをするとき骨を作ったりして複雑になるので早めに抜いてインプラントを勧められるようです。

 

しかし、奥歯の歯周病は初期の段階では抜く必要はなく、的確な歯周病治療で長期間の保存が可能となります。骨の再生治療を行うことで、歯を抜かずに済む可能性が格段に高くなります。

 

インプラントに関しては歯を残せない場合にお考えになられる方が良いのではないでしょうか。

歯周病の治療は歯茎の中の細菌を取り除きその状態を維持する事が重要になります。

歯周病が進行する場合,歯の表面にいた細菌が歯の根っこの表面を伝わって歯茎の中に入り込みます。歯茎の中に入り込んだ歯周病の細菌はバイオフィルムというバリアーを作り増殖します。

バイオフィルム内で増殖する細菌は薬液などによる消毒によって消滅させる事が難しく、機械的に削り取る事が必要になります。

歯茎の中深くに入り込んでしまった場合,外科的に歯茎を開かないと細菌を取り残す可能性が高くなりますので、外科的な歯周病治療が必要になります。

 

歯茎の中の細菌を取り除いても歯ブラシの方法が適当でないと、比較的短期間に細菌が歯茎の中に再度入り込んでしまいます。

適切な歯ブラシが歯周病の再発予防に重要になります。

歯周病の方の歯ブラシの仕方

歯周病の方は、歯周病に効果的な歯ブラシ方法を行わなくてはいけません。

 

通常の歯ブラシに加え、歯周病で下がってしまった歯と歯の間をしっかりと歯磨きをして歯垢を取り除く必要があります。糸ようじに加えサイズの合った歯間ブラシの使用は重要です。

 

歯ぐきを傷付けないように歯間ブラシの方向に気を付けて歯と歯の間の隙間と同じ方向・角度に歯間ブラシを入れて10回程歯の根っこをこするように磨きます。

 

また、歯茎の際の部分は磨きにくいようでしたら、小さい毛先の歯ブラシを使用して磨く必要がある場合もあります。

 

歯ブラシでしっかり磨くのが基本ですが,どうしても完全には磨けない事が多いので、定期的に歯科医院にクリーニングに行かれる事をお勧めします。

無料カウンセリングお問い合わせ

歯周病が気になる方は、まずは無料カウンセリングにお越しいただいて歯周病の状態を確認した上で、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングはご予約制となります。営業時間中にお電話頂くか、メールでお問い合わせください。

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

ご予約は込み合いますので、お早めにご連絡ください。


歯周病のブログ

歯茎が下がったときの治療法

歯茎が下がってしまうと元に戻せないのでしょうか?

 

歯茎を戻す方法に歯茎の再生治療があります。歯茎の再生治療は、昔から行われている方法です。ただ、日本では、保険治療の関係であまり知られていません。

 

歯茎の再生治療は、保険が利かない治療法になります。歯茎の位置をを回復し、歯茎を厚くすることで将来的に歯茎が下がるのを予防することもできる治療法です。

 

歯茎の下がった方のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

歯周病Blog 歯茎が下がるときの歯のみがき方

歯周病が進行してしまうと、歯茎が下がり、知覚過敏などの症状が出るようになったりします。

 

歯茎が下がってしまうと歯磨きが難しくなります。通常の歯ブラシでは歯と歯の間を磨けないためです。サイズのあった歯間ブラシを使用してください。

 

また、歯周病で歯茎が下がった場合は、柔らかい毛先の歯ブラシで、時間をかけて磨いてください。歯と歯茎の境に磨き残しができないように磨いてください。また、歯の毛先が曲がってしまった場合はすぐに交換してください。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯周病で歯茎が下がってしまいます。

歯茎が下がってしまう原因はいろいろありますが、歯周病が一番の原因となります。

 

歯周病が進行すると歯茎が下がってしまいます。

 

歯周病が進行してしまったら歯を抜いて入れ歯にすればいいとお考えの若い方もいらっしゃいますが、歯周病が進行してから歯を抜くまでの間に歯茎が下がってしまい歯が長くなりますので見た目がかなり悪い状態で何年も生活することになります。あまりお勧めしません。

 

また、歯周病の進行はまず骨が吸収してなくなり、その後に歯茎が徐々になくなっていきますので、歯茎を治す前に骨を回復させる必要が出てきます。歯茎が下がってきてしまうと骨の回復が限定的になってしまいますので、歯茎が下がる前に歯周病治療を始めることをお勧めします。

 

歯周病治療の流れのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

歯周病Blog 歯茎からの出血

歯茎の出血
歯茎の出血

写真を見ていただくと、歯並びの悪い部分に何か白い物がついているのがわかるかと思います.しっかりと歯ブラシをした後の状態です。時間をかけて磨いても磨けない部分があるという事です.歯ブラシのくせによっていつも同じ部分を磨き残してしまっている事がよくありますので、磨けていない場合は、歯ブラシの習慣を見直していただく必要があります.

 

写真の方も、歯茎が腫れてしまい、触ると出血してしまいます.歯周病の状態になっています.このまま放置していくといずれ歯が歯周病で悪くなって抜く事になってしまうかもしれません。

 

歯茎に触らないように少し柔らかい毛の歯ブラシで歯と歯の間をしっかりと磨いていただければすぐに歯茎は引き締まってきます.

 

歯周病と歯ブラシについてのページ

 

矯正治療中の方は特に歯ブラシがしにくくなりますので、矯正中に歯磨きが上手く言っていない場合はクリーニングをされることを勧めしております。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯周病ブログ 歯間ブラシの注意

歯間ブラシをご存知ですか?

 

歯茎が下がってしまった場合、歯と歯の間の歯茎が下がって三角形の隙間ができます。この隙間を磨くための道具が歯間ブラシです。

 

歯と歯の間は汚れが溜まりやすい部分だと知られています。この部分をしっかり磨くことで、歯周病を予防します。

 

歯間ブラシは針金にたわしのように繊維が巻き付いたものが中心に売られています。

 

ただ、歯間ブラシの使用は少し難しく、間違った使用法をされる方も多いので、下記の点にご注意ください。

 

歯間ブラシをするときは、痛いときはサイズが合っていないか、針金が歯茎をさしてしまっているかです。歯間ブラシのサイズを確認してちょうど入るサイズを選んでください。大きすぎると歯茎を傷付けてしまいます。また、角度をまっすぐに入れないと針金の部分を歯茎に刺してしまうことがあります。

 

 

歯周病のページ

 

歯周病でお悩みの方、再生治療など、歯周病治療は進化してきています。歯を抜かなくても良いかもしれません。ただいま無料カウンセリング実施中

 

無料カウンセリングお問い合わせ

医療法人社団歯健会 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております

歯周病ブログ 歯茎からの出血

歯茎から出血してしまったら歯周病の炎症が起きているということをご存知の方はいらっしゃいますが、歯ぐきからの出血が落ち着いたら歯周病が治った訳ではないということもご存知でしょうか?

 

歯茎からの出血がなくなっても歯茎の中で歯周病は進行しています。一見炎症がなく歯周病が治ったと勘違いされる方も多いのですが、歯ぐきの中の歯石をしっかりと取り除かないと歯周病菌が歯茎の中で活動し続けます。そのため,歯茎から出血と引き締まりを繰り返されている方は、歯茎の中に歯石がついている可能性が高いです。

 

つまり、歯茎の出血はその時点での歯ブラシの状態を確認する目安になります。たまたま、1日歯茎から出血しなかったというだけでは、歯周病の治癒の目安にはなりません。

 

歯茎からの出血のページ

 

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯周病ブログ 歯間ブラシについて

歯と歯の間のお掃除はどうされていますか?歯周病の方は歯間ブラシが必ず必要です。

歯間ブラシは薬局においてあるワイヤーにたわしのような感じて歯ブラシの毛先がついた清掃用具です。

 

歯ブラシでは歯と歯の間を完全にお掃除することは不可能です。歯間ブラシのサイズを確認して、歯周病で下がってしまった歯茎をお掃除しましょう。

 

また、矯正治療中は歯と歯の間の部分の隙間煮物が挟まりやすくなりますので、特にこの部分を丁寧にお掃除して、炎症が起きないようにする必要があります。歯間ブラシを歯茎を傷つけないように上手く使えるようになる事が大切です。

 

歯間ブラシのサイズが合わない場合や、入れる角度がちがうと歯茎を傷つけ歯茎が下がる原因となりますので、歯間ブラシの使用法やサイズを診療所でご確認ください。

 

歯周病と歯ブラシの詳しいことはページをご覧ください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

下がった歯茎を回復させるための料金

下がってしまった歯茎を回復させる治療の料金は保険治療の適応ではありません。歯茎の炎症があり、歯周病の場合,歯周病の治療を保険で行い終了後に歯茎の再生治療を行う事になります。

 

これは、保険治療に混合診療が認められていないためです。

 

また、再生治療が、歯周病が原因の場合,歯周病の治療も含めて保険治療が適応にならない場合もあります。

 

骨の再生治療に使用する再生材料の多くは保険の利かない材料となるためです。歯茎や歯を支える骨の状況によって治療費が高額となってしまう場合もあります。

 

そのため,当院では,治療前に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて、お口の状態のご説明、治療方法・治療期間のご説明、お見積もりのお渡しを行っております。

 

歯茎が下がった時の治療のページはこちら

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839

 

お問い合わせのお電話は営業時間中にお受けしております。

営業時間中はお電話が混雑する事もございますのでメールでのご相談もお受けしております。

 

メールお問い合わせ

歯周病ブログ 歯間ブラシは歯茎を傷付けないように注意

歯周外科後に歯と歯の間にものが挟まったからと言って歯間ブラシをしないようにしてください。歯間ブラシで歯茎を押してしまうと、歯茎が下がってしまいます。

通常の歯周病では歯間ブラシを使用していただきますが、歯周外科後は1~2か月ほど歯間ブラシをしないようにしてください。

しばらくはうがいだけにしていただいて、お掃除は歯科医院にお越しになってください。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

歯周病の方や、歯茎が下がりやすい方は特に歯ブラシ・歯間ブラシの選択が重要になります。歯茎を傷つけずにしっかりと歯ブラシをする事が必要になります。ただ、注意して頂きたいのは、歯茎から出血するのは、歯茎を傷つけたのではなく歯ブラシが不十分であった可能性が高いと言う事です。歯茎からの出血の多くは上手く磨けていないとお考えください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯茎が下がったときの知覚過敏対処法

歯周病で歯茎が下がってしまった方は知覚過敏となってしまうことがよくあります。従来は市販の知覚過敏用の歯磨き粉を使用することが多かったと思います。歯科医院に行かれた場合は、知覚過敏の薬を塗ったり、レジンという詰め物を詰めたりしています。

 

こういった方法で知覚過敏は治っても歯茎が下がるのは治りませんので、しばらくすると再度知覚過敏の処置を行うことになります。

 

歯茎の再生治療では、下がった歯茎を根本的になおしますので、知覚過敏の再発はしにくくなります。

 

歯茎が下がるときの治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

こんな事が原因だったなんて 歯茎が下がったときの歯ブラシ方法

歯茎が下がった場合、気にしてあまり磨けない心理になってしまう事がありますが,磨かないと炎症を起こしてさらに歯茎が下がりやすい状態になってしまいます。

 

歯茎が下がってしまった場合,少し柔らかめの歯ブラシを使用して、磨く回数を10回数えながら磨くような感じが良いと思います。

 

歯茎の下がった時の治療法の詳しいページ

 

歯茎が下がった時の治療法の詳しいページでは、既に下がってしまった歯茎に対する治療法のご説明をしております。下がってしまった歯茎は歯ブラシを改善しても治らない場合が大半です。それは、歯茎が薄いからです。歯茎が厚い方の歯茎は歯ブラシを改善して治る場合がありますが,歯茎が薄い場合は歯ブラシの改善だけでは治らないでしょう。歯茎を厚く改善する歯茎の移植法などのご説明をさせて頂いております。

 

どうしても磨きにくい場合は、定期的に歯科医院でクリーニングされるといいでしょう。また、下がった歯茎を回復させるあるいは厚みを増やして丈夫にすると安心して歯ブラシをして頂けます。

歯茎が黒くなってしまっているケース

あなたの歯茎が黒く見えてしまっている場合に、歯茎の黒ずみを消す方法のご紹介です。

 

笑った時に見える歯茎の色を気にされている方には、有効な方法だと思います。モデルさんのお写真を見ると、歯並びが良いだけでなく、歯茎がきれいな方が多いようです。歯茎をきれいにしたい方は、この機会に治療されてはいかがでしょうか?

 

歯茎が黒い
歯茎が黒い

神経を抜いた歯は、歯茎の付け根の部分が黒くなってしまいます.

どうしても歯の根っこの部分が変色をしてしまうため、歯茎を透けて黒い色が見えてしまいます.

こういったケースでは、歯茎の厚みを増して透けて見えなくする方法で対処します.

 

歯茎が黒い場合の治療についてのページ

レーザーで歯茎の黒ずみを消す場合

歯茎が黒ずんでしまっているのでレーザーで治そうとお考えの方は、要注意です。

 

歯茎の黒ずみには原因が何通りかあります。レーザーで治せるのはメラニン色素が歯茎の表面にある場合です。レーザーを当てて表面の皮膚を除去する事で新しい皮膚が出てきますので、歯茎の黒ずみが消えます。

 

レーザーでやっては行けないのが、歯茎の中に金属の粉が入り込んでしまっていて歯茎が黒くなってしまっているケースです。金属が熱を持ってしまって歯茎が死んでしまう可能性があります。

 

また、メラニン色素の黒ずみを消すだけでしたら、フェノールアルコール法と言う方法が安価で比較的安全に行う事ができます。

 

歯茎の黒ずみの治療の詳しいページ

必見 歯茎が下がってしまった時の回復する治療

歯茎が下がってしまったという悩みが最近増えてきているように感じます。

 

昔に比べて歯が長持ちするようになりましたが、歯を残すために歯茎の下がってしまう問題が増えてきているようです。

 

お写真のように歯茎が下がってしまう事があります。歯並びが1本前に飛び出している歯の歯茎は特に下がりやすいのです。これは歯の周囲を支える骨が少ない、歯ブラシをする時にどうしても歯茎にブラシを当てやすい、かみ合わせも強く当たってしまう、と歯茎を下げる原因を多く含むためにどなたでも歯茎が下がる可能性が高くなります。

 

こういった薄い歯茎を回復させるには単に歯茎を上に上げるだけでなく歯茎の厚みを厚くする必要があります。歯茎を厚くするためには歯茎を移植する必要があります。

 

また、この写真の方のようにかなり歯茎が薄い場合は何回か皮膚の移植を行う必要がある場合があります。厚みが不十分だと再度歯茎が下がってしまう事があるためです。

 

歯茎が下がった時の治療法のページ

歯の汚れのつきやすい部分の紹介

歯に汚れがつきやすい場所
歯に汚れがつきやすい場所

歯ブラシをしただけで安心していませんか?歯ブラシをしっかりとしているのに虫歯や歯茎から出血してしまう方は要注意です!

 

磨いているのに磨けていない部分があることが、歯周病や虫歯の原因になります.

 

歯周病や虫歯になりやすい場所は歯ブラシのしにくい場所です.

 

お写真をご覧いただきますと、歯と歯の間の部分に渋がついているのがわかるかと思います.また、歯茎が下がってしまっている場所も磨きにくいために変色しています.

 

ご自身の歯に歯茎が下がっている場所や歯並びの凹凸が多い部分がある場合は、特に丁寧に歯ブラシを使用する必要があります.

 

歯周病と歯ブラシのページ

 

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839