歯茎が下がったときの差し歯の治療

歯茎下がる
歯茎下がる

歯茎が下がったままできれいな差し歯が入っています.通常、審美歯科治療では差し歯を下がった歯茎の位置で治療しますので、差し歯が長くなってしまいます.

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯が下がったときはお写真のように歯茎の再生治療を行って歯茎の位置を回復させてから、審美歯科治療を行う事がおすすめです.

歯茎が下がったままにきれいにオールセラミックを入れても見た目が悪く、歯ぐきの再生とオールセラミックの再治療を希望される方がよくいらっしゃいます.

オールセラミックの費用が2倍かかってしまいますので、最初に差し歯にする前に下がった歯茎を回復させる事をお考えになった方が良いでしょう.

 

歯茎が下がったときの治療法は下記のリンクページに詳しい内容を記載しております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ