こんなに歯茎が下がってしまっても諦めないで

歯茎が歯の長さと同じくらい下がってしまう事もあります。

 

歯周病の状態によって変わりますが、歯周病が進行して骨の吸収がない場合は、多くの場合で歯茎を回復されることができます。

 

歯茎がさがっても回復できる場合とは

すごい歯茎が下がってしまったのに、近所の歯医者さんでは下がった歯茎に詰め物をするだけで、経過を見るって言われる事がほとんどです.

 

歯茎が下がってしまってお困りの方は、このページにたどり着けてよかったと思います.下がった歯茎を回復させる歯ぐきの再生治療をご紹介します.

 

お写真ぐらいに歯茎が下がってしまっても大丈夫です.

 

 

歯ぐきの再生治療後1ヶ月

 

完全に下がった歯茎をしっかりと覆う事で、歯の根っこと歯茎が結合していきます.

 

あなたは、下がった歯茎の経過を見るだけで年々下がってしまう歯茎を放置しておきますか?あるいは歯ぐきの再生治療でしっかりともとの状態に回復させる方法を選びますか?

 

歯茎が根っこの先まで下がってしまった場合は、歯を抜くしかなくなってしまう場合もありますので、あまりゆっくりしない方が良いかもしれません.

 

歯茎下がった時の治療のページ

~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯1本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。