歯茎が下がってしまったときの新しい差し歯の治療方法

歯周病が進行してしまうと、歯の見た目が悪くなってしまいますね。

 

歯茎が下がって、長い歯になるのを気にされる方もいらっしゃいます。

そんな場合に、見た目を改善する審美歯科の治療法をご紹介いたします。

 

歯周病が進行してしまった場合の見た目とは?

歯茎が下がった差し歯
歯茎が下がった差し歯

歯茎が下がった状態で差し歯にしたため、長く見える差し歯がずっとコンプレックスになってしまっていたという方には今回ご紹介する新しい差し歯の治療法が解決策になるかもしれません。

新しい差し歯の治療法では歯ぐきの再生治療を差し歯の治療と合わせて行います.

歯ぐきの再生治療とオールセラミックの差し歯を入れる事で、歯の長さがもとの状態に戻りました.

 

ただ、ご注意いただきたいことがございます。差し歯の歯茎が下がってしまった場合、差し歯治療と合わせて歯ぐきの再生治療を行う事で差し歯の長さを改善できます.先に差し歯を治してしまったら、再度歯茎の再生治療と合わせて差し歯を作り直す事になってしまいます。

 

このため,差し歯の長さを気にされている方はこういった新しい審美歯科治療を行っている病院が非常に少ないため、ご確認のうえ治療を開始された方が用意と思います.