歯茎が下がってしまった方のクリーニング・メンテナンスについて

歯茎が下がってしまった方は、下がった歯茎や、歯茎の凹凸が大きくなるため、通常の歯ブラシ方法ではしっかりと磨けない場合が多いようです。

 

また、歯茎が下がったのでしっかりと磨こうと思って長時間の歯ブラシを行うとさらに歯茎が下がってしまうことが考えられます。

 

そのため、当院では、下がってしまっている歯茎の部分の歯ブラシは慎重に回数を決めて磨いていただき、歯と歯の間などの歯ブラシはサイズの合った歯間ブラシを慎重に行っていただくようにお伝えしております。

 

ただ、歯茎が下がってしまうとどうしても、丁寧に歯ブラシをしていただいても磨き残しが出てしまいますので、定期的にはクリーニングにお越しいただいております。

 

定期的にお越しいただくことで、汚れがたまって歯石になってしまったり、歯茎が腫れ始めた段階で腫れをひかせることができます。歯ブラシに自信がない方、定期的なメンテナンス時に歯石がついてしまっている方は、あまり間を空けずにメンテナンスに通われることをオススメしております。

 

もちろん、しっかりと磨けていらっしゃる方はメンテナンスの期間をあけてお越しいただいて大丈夫です。

歯茎が下がってしまうと磨くのが難しくなります。

歯茎が下がってしまうと磨く必要がある範囲が増えてしまいます。
歯茎が下がってしまうと磨く必要がある範囲が増えてしまいます。

歯茎が差がてしまうことで、歯のお掃除が困難になってしまいます。定期的に専門的なお掃除をされることをオススメしております。

歯茎が下がった時の治療のページ

歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療のページは別のページを用意しております。下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がってしまった時の治療のページ