差し歯の歯茎が下がって黒く見えるようになってしまうことがあります。

差し歯の歯茎が下がってしまう歯周病の状態があります。

 

差し歯の歯ぐきが下がって黒い歯の根っこが出て来ていませんか?

 

この状態は、単純に歯茎が下がってしまっただけでなく、歯の根っこを支えている歯根膜という組織がなくなってしまった状態です。歯根膜がなくなると歯を支える顎の骨のなくなりますので、単純に歯茎が下がってしまって見た目が悪くなったという問題ではなくなります。

差し歯の歯茎が下がってしまたのは歯周病が進行してしまったからです。

歯茎が下がってしまった差し歯
歯茎が下がってしまった差し歯

あなたの歯茎は大丈夫ですか?

 

差し歯を入れてから何年もすると、歯茎が下がってしまって歯茎が黒く見えてしまうことがあります。

 

特に神経を取って差し歯にした歯の歯茎が下がってしまうと見た目に問題が起きてしまうことが多いようです。

歯茎が下がってしまった時の治療
歯茎が下がってしまった時の治療

歯茎の再生治療と、審美歯科で歯茎の黒い見た目を改善することができます。

 

歯茎の再生治療では、歯茎の厚みを厚くしますので、歯茎が下がりにくくもなります。

 

 

歯茎が下がってしまった時の歯周病治療に関しましては下記のリンクページをご覧ください。

 

歯茎が下がった時の審美歯科治療のページ

 

ただいま歯周病の無料カウンセリングも行っております。この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839