差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療

本日は差し歯の歯茎が下がってしまって黒く見えてしまう場合の治療をご紹介いたします。

 

差し歯に限らず、年齢とともに歯茎は下がってしまうものですが、差し歯の歯茎が下がってしまった場合は、天然の歯の歯茎が下がってしまった場合とはちがい、不自然な黒さに見えてしまう事が多いです。

 

差し歯の場合、差し歯の下にあるご自身の歯の根っこが黒く変色してしまう事が多いため、歯茎が下がって歯の根っこが露出すると黒く目立った色に見えてしまいます。

差し歯の歯茎が黒いってどういうこと?

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

お写真をご覧ください。前歯の差し歯の上のほうが黒く見えるのがわかりますか?

 

差し歯の入っている歯茎が下がってしまって歯茎が黒ずんで見える事があると思います.差し歯の入っている部分は通常歯の神経を抜いているため、歯の根っこ自体が黒く変色してしまっています.

 

通常、歯の根っこが変色してしまっていても歯茎が覆っていますので、歯茎が黒く見える事はないのですが,歯茎が下がったときは歯茎が黒く見えてしまいます.

 

差し歯の部分の歯茎が下がった場合,差し歯を外さないと治療が難しいケースと外さなくても歯ぐきの再生を行えるケースがあります.差し歯の適合が良くて虫歯や歯周病がない場合はそのまま歯茎を再生する事が可能ですが,炎症を起こしてしまっていたり、虫歯が発生してしまっている場合は差し歯も交換を歯ぐきの再生治療と合わせて行う必要があります.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

 

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているようなケースのうち、歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。