歯茎が下がったときの治療法 回復がむずかしいケース

歯茎が下がってしまった時に、歯茎の再生治療(結合組織移植術)によって露出した歯の根っこを覆うことが可能な場合、難しい場合があることが報告されています。

 

どういった場合に歯茎を再生すること難しいかをご説明いたします。

歯茎が下がる
歯茎が下がる 初診

お写真の歯茎は、歯と歯の間と唇側のはぐきが両方下がってしまっています。こういったケースは完全に歯茎の再生治療で回復させるのが困難です。

 

このお写真のかたは以前、歯茎の移植処置を受けられたそうですが,歯茎の色が変わっただけで歯茎が下がったまま改善されないと言う事でご来院いただきました.

 

このケースのように歯と歯の間の歯茎が下がってしまっている場合は、間の歯茎を回復させる事がむずかしいです.ただ、表側の歯茎の下がってしまっている部分は歯茎の再生治療を行う事で一部はぐきが回復します。

 

以前、遊離歯肉移植法という方法で歯の根っこを覆う処置を行っていた時代もありましたが、この方法を行うとお写真のように歯茎の色が変わってしまうだけで回復しない事もありました.