歯茎が下がってしまった場合の差し歯の治療

歯茎が下がってしまった時の差し歯の審美歯科治療って何?

 

差し歯の歯茎が下がってしまった時に、歯の長さをそろえるには、差し歯を交換するだけでは、うまくいきません。

 

こんな時は、審美歯科治療では、差し歯の交換と合わせて歯茎の再生(結合組織移植術)を行います。

 

歯茎の再生治療って聞いたことありませんが?

 

近年、歯周形成外科という方法が顕微鏡や拡大鏡の普及によって、一般的な治療となりました。歯茎の再生治療も歯茎を回復させる術式が改良されてよくなったために、審美い歯科ではよく使用されるようになってきています。

 

イメージがわきませんが、どういうことですか?

 

下の2枚のお写真の上のお写真をごらんください。左側の犬歯が長く見えるのがわかりますか?これは、歯茎が下がってしまった犬歯に差し歯のブリッジを入れたために長い歯になっています。

 

下のお写真は、仮歯の治療中に八重歯の歯茎の再生治療を行った状態です。歯茎の位置が下に移動して、歯の長さが短くなったのがわかるかと思います。

 

この方法を歯茎の再生治療といっています。

歯茎が下がってしまった位置に合わせて治した差し歯の治療


歯茎が下がってしまったため、歯の長さが左右で異なります.

歯ぐきの再生治療を行ってから差し歯の仮歯を修正した状態。仮歯を利用して歯の大きさ形を整えていきます.

 

歯ぐきの再生は画面左のみを行っています.左右の長さをそろえるように歯茎の位置をそろえています.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

そうはいっても、自分の差し歯にはできるのでしょうか?

 

歯茎の再生治療は、歯周病で骨がなくなってしまった場合は、回復が限定的なものとなります。一度ご相談になられるのが良いと思います。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921