歯茎が下がった方は歯周病の確認からおこないます。

歯茎が下がってしまった。どうしようということですぐにでも歯茎を再生させてなんとかしたい。という方もいらっしゃいますが、まずは歯茎が下がった原因を確認する必要があります。

 

歯茎が下がってしまった原因が歯周病の場合単に歯茎の再生治療だけでは歯茎を回復させることができない場合があります。まずは、歯周病の検査からになります。

歯茎が下がってしまった方は、歯周病が進行してしまっているのかどうか確認する必要があります.

 

歯周病の感染が起こっているかどうかを細菌検査にて行う方法があります.

 

お口の細菌を顕微鏡やDNAの検査で歯周病菌を確認します.

 

歯周病菌がいる状態で歯茎が下がってしまっている場合は、歯周病の感染が原因で内部の骨の吸収などが起こってしまった結果歯茎が下がってしまったものだと思われます.

 

単純に歯茎が下がってしまっただけであれば歯ぐきの再生治療をすぐに行い歯ぐきを回復させる事が可能です.

 

歯茎が下がってしまったときの治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いておりますので、ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がってしまったときの治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。