差し歯の歯茎が黒く見えた時は歯茎が下がっている?

あなたは、差し歯の歯茎が黒くて気になっていませんか?

 

歯周病などで歯茎に炎症が起こって歯茎が下がってしまう場合や、炎症がなくても歯茎が下がることもあります。歯茎が下がってしまった差し歯は歯茎の付け根の部分が黒く見えるようになってしまいます。

 

差し歯の歯茎が下がってしまうこともよくあります。歯茎が下がってしまった場合は放置していても戻りません。


差し歯の歯茎が下がってしまうとはどういうこと?

歯茎が薄い
歯茎が薄いために歯茎が下がるケース

歯茎が薄いと歯茎が下がりやすくなります.歯茎が下がってしまった場合は、厚い歯茎を移植する方法などで歯茎の下がりを回復し、予防する事ができます.

特に差し歯の歯茎が下がってしまうと見た目にも悪いため、歯茎の下がりを回復する治療をされると良いのではないでしょうか。虫歯の予防にもなります.

 

歯茎が下がってしまって治療を希望される方は、下記のリンクページに治療方法や症例のご説明をさせていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がった時のページ

 

また、歯茎が下がってしまって治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上      JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921


歯茎の再生治療の注意


歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。標準的なケースでは、1〜3本の歯茎の再生治療7万円(税別かかります。


また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。

 


メモ: * は入力必須項目です