この歯茎の黒いのは治せませんと言われた時にはこちらをご覧ください。

あなたがもし、差し歯の歯茎が黒くて治せないと歯医者に言われてしまって困っているとしたら、このブログが役にたつと思います。

 

歯茎が黒い場合といっても、いろいろなタイプの黒さがあります。レーザーで治すことが可能な場合もありますし、差し歯を交換したりすることで治る場合もあります。

 

今回ご説明するのは、レーザーでも差し歯の交換でも治せないタイプの黒い歯茎についてです。

 

このタイプの黒い歯茎は、金属の削った粉末が歯茎の中に入り込んで黒く見えています。つまり、差し歯にしている歯でしかこのタイプの黒い歯茎にはなりません。

 

そして、特徴的なのが、下のお写真をご覧になると分かるかと思いますが、歯に沿って黒い歯茎が線状につながっています。

歯茎の再生治療

こういった黒い歯茎は、金属の粉末が細かく歯茎の内部に入り込んでしまっているので、歯茎ごと黒い歯茎を取り除く必要があります。

 

当院では、歯茎の再生治療を行うことで、歯茎を新しい歯茎に交換しております。

歯茎の再生治療

歯茎の再生治療で、歯茎を交換することで黒い歯茎を取り除くことができました。

 

歯茎が黒い場合の治療に関しましては、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎が黒い場合の治療のページ


~歯茎の黒ずみの治療の注意~

 

歯茎の再生治療で、歯茎の黒くなってしまっている歯茎をきれいな歯茎と入れ替えます。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。合わせて、審美歯科治療でオールセラミック 治療を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。