歯茎が下がってしまったら手遅れでしょうか?

あなたは、歯茎が下がってしまった時、どうされていますか?

 

何もしないという方が、ほとんどだと思います。歯茎を回復させるという選択肢をご存知の方自体が少ないのが現状です。

 

ご自身の歯の歯茎が下がってしまう場合も、差し歯の歯茎が下がってしまう場合、矯正した後に歯茎が下がってしまう場合、インプラントの歯茎が下がってしまう場合など、いろいろな場面で歯茎が下がってしまっているかと思います。

 

こういった時に歯茎を回復させる方法が歯茎の再生治療です。

歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療例

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯の歯茎が下がって、そのままオールセラミックで治療していますが、歯の長さが長くなってしまっています。

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯の歯茎が下がっても、諦めなくても良いかもしれません。

 

上の写真の状態から、歯茎の再生治療を行うと下のお写真の状態になります。前歯のオールセラミッックも交換が必要ですが。

歯茎が下がってしまってお悩みの方は、まずは歯茎が下がった治療の詳しいページをご覧ください。

 

歯茎が下がってしまった時の治療のページ


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びなどを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。また、神経のない歯はオールセラミック とは別にファイバーコア(税別2万円)という歯の土台の料金がかかる場合があります。

 

審美歯科治療では、歯の大きさや形の修正、歯の変色の改善、歯並びの改善を目的にオールセラミック などの材料を使用しております。リスク等もございますのでご確認ください。歯茎の位置を改善するために歯茎の再生・整形を行う場合は別途料金がかかります。

 

 

 

また、審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。痛みの症状が出た場合は歯の神経を取り除く必要がある場合があります。また、オールセラミック の色合いはかなり天然の歯に近いものになりますが、完全に同じものではありません。