矯正と歯周病の関係

成人の方は、矯正中に歯周病が進行してしまうことがあります。

 

歯ブラシの状態が悪いと、矯正中の歯茎の隙間に菌が入り込み急速に歯周病が進行してしまうこともあります。歯を抜かなくてはいけなくなることもあります。

 

矯正中の歯のお手入れは通常の4倍の時間をかけるなど、特に気をつけておこなうことをおすすめします。

 

歯茎が下がりやすい方にはあらかじめ矯正前に歯茎の再生治療のお話をさせて頂くこともあります。

成人の矯正治療をされている方は特に注意が必要です。

成人の方は歯周病の抵抗力が年々低くなりますので,歯周病に対する注意が必要になります。矯正中は磨きにくいため、定期的にクリーニングが必要になる場合もあります。

 

矯正治療中は、クリーニングなども保険が利かない治療になります。そのため、クリーニングの必要が大きくないと料金の負担を考えて細かいクリーニングを行わない医院も多いのではないでしょうか?磨けていないとお考えの方は積極的に保険外でもクリーニングを希望された方が良いと思います。おそらく数千円かと思います。

2017年

8月

03日

歯周病と歯並びについて

歯磨きがしにくい歯並び
歯磨きがしにくい歯並び

ただいま矯正中のこのような歯並びの方、歯と歯の重なっている所をどうやって磨きますか?

 

まず磨けないでしょう。歯と歯の重なってしまっている部分は虫歯、歯周病の好発部位です.しっかりと矯正をして若いうちに歯磨きしやすい歯並びに治しておいてはいかがでしょうか。

 

 

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

29日

矯正治療で歯茎が下がる場合

歯茎が下がっている方の矯正治療の場合
歯茎が下がっている方の矯正治療の場合

矯正治療で、凸凹していた歯並びをきれいに並べた場合、歯茎が下がってしまう事がよくあります。

特に元々歯茎が下がっている成人の方の矯正治療では、さらに歯茎が下がってしまう事になります.

 

矯正治療をお考えの成人の方は、歯茎が下がる事を予防しながら矯正治療を行う必要があります。歯を支える顎の骨に厚みを増やしてから矯正を行い、矯正治療後に歯茎の再生を行う事が一般的です.

 

歯茎の再生は歯茎が下がったときの治療のページをご覧ください.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

19日

歯周病 ブログ 口臭

歯槽膿漏は歯周病が進行した時に炎症で歯茎の中から膿が出ることです。


歯槽膿漏になってしまったら、歯茎の中に細菌が繁殖して、歯石やバイオフィルムと言って歯ブラシでは取り除けない膜をつくっていますので、これをしっかりと歯医者に行ってクリーニングで取り除く必要があります。


完全に取り除かないと一時的に腫れが引いたり膿が落ち着いてもまた再発します。

 

また、強い口臭の原因となります。

 

歯周病菌がたんぱく質を分解するときにメチルメルカプタンという有毒ガスを発生させますが、このガスが口臭の原因となります。

魚の血なまぐさいにおいといわれたりしています。

 

口臭は自分ではわからない場合が多いので、なかなか見つかりません。定期健診などで歯槽膿漏と言われたらしっかりと治療した方が良いでしょう。


また、歯槽膿漏のにおいがしてしまったら、重度な歯周病の可能性があります。

すぐに歯周病の確認をしたほうがいいでしょう。

 

歯槽膿漏のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

2017年

7月

05日

歯茎の炎症がレーザー照射で治りが早くなる場合があります。

歯医者さんにはまだ腫れているからしっかりと磨いてください。と何度も言われてしっかりと磨いているのに、歯茎の腫れが治らないという方へ。

 

なかなか治らない歯茎の腫れは、歯ブラシを頑張っても治らない場合もあります。

 

細菌の状態を確認して問題ない場合は、レーザーを照射することで歯茎の腫れが比較的短期間に治る場合があります。

 

詳しくは歯茎の腫れのページをご覧ください。

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

26日

歯周病Blog 歯周病治療の期間

歯周病治療は期間のかかる治療です。

 

重度の歯周病の場合治療期間は1年から2年程かかることが多いです。また、歯周病の方は治療後のメンテナンスを頻繁に通うことが必要です。3ヶ月に1度はメンテナンスに通う必要のあることが多いです。

 

歯周病で骨が無くなってしまった場合、再生治療を行いますが、治療の経過を1年はあけて観察します。その間1ヶ月に1度ほど来院される必要がある場合が多いです。


歯茎が下がった場合の歯ぐきの再生治療の場合は、処置をして、消毒が終わった後、通常1ヶ月の経過を確認した後は間隔を2〜3ヶ月空けてチェックにお越しいただくようにしております.


歯周病のチェックには位相差顕微鏡を使用して歯周病菌の繁殖状況を確認する事も可能です.

 

歯周病治療の期間

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1832

続きを読む 0 コメント