歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

歯茎はどこまで下がっても大丈夫か?

歯茎が下がってきた。。大丈夫?

 

とお考えになられている方もいらしゃるのではないでしょうか。差し歯の歯茎が下がって見た目が悪いという審美的な問題を気にされる方もいらっしゃいますが,それよりも歯茎が下がり続けて歯が抜けてしまわないのか心配される方の方が多いように感じます。

 

私の経験的には、歯茎が少し下がった程度では歯が抜けてしまう心配までしなくてよいと思います.ただ、歯茎の下がりが歯茎の粘膜と言って血管が透けて見える部分に達するまで下がってしまった場合は要注意だと思います.

 

歯周病のリスクが高まってしまうからです.

 

歯茎の粘膜に達するまで歯茎の下がった状態

歯茎が下がってきた
歯茎が下がってきた

お写真の前歯の歯茎が下がっている部分ですが,よく見て頂くと血管が透けて見える粘膜と言われている赤い歯茎の所まで歯茎が下がってしまっているのがわかるかと思います.

 

正常な場合の歯茎は、歯と接する部分の歯茎は角化歯肉と言われており少し白っぽく見える動かない歯茎で接しております.

 

歯茎の下がりが進行してこの角化歯肉を超えて粘膜の部分まで歯茎が下がってしまうと歯周病のリスクが高まります.歯ブラシをする事が難しくなる事とものがくっつきやすくなる事が原因で歯周病になりやすくなってしまいます.また、粘膜は傷つきやすいためさらに下がってしまう可能性が高くなります.

 

歯茎が下がったときの治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がって治療をご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がってしまった場合の治療Blog 知覚過敏

歯茎が下がってしまった場合、歯の根っこが露出しますので知覚過敏となることがあります。知覚過敏の原因は歯茎が下がってしまうことが原因になる場合が虫歯が進行してしまったり、歯にひびが入ってしまったりするケースより高いようです。

 

歯茎の再生治療で歯茎で歯の根っこの露出部分を覆うことで知覚過敏を抑えることができる場合があります。歯の根っこの露出している部分を歯茎で覆うことで、空気や水などの冷たい刺激が直接歯の根っこに伝わらないようになるためです。

 

詳しくは歯茎の下がったときの治療をご覧ください。

妊娠中の方の歯茎や骨の再生治療について

歯ぐきが下がる
歯ぐきが下がる

妊娠中に歯茎が下がってしまったり歯が揺れて感じることが気になってしまう方も多いと思います。

 

妊娠中にさらに歯茎が下がってしまって歯が悪くなってしまうと心配になってしまうのかもしれません。

 

歯茎が下がってしまったり、歯が揺れてしまっている場合は、通常歯茎や骨の再生治療を行います。ただ、妊娠中の方は、レントゲンの撮影やお薬をお出しすることを控えておりますので、再生治療は出産後に行っております。

 

ただ、歯茎が下がってしまっていたり、歯が揺れてしまっている場合に何もしなくても良いかというとそういうわけではなく、歯茎が下がってしまっている場合は、歯ブラシ方法を工夫する必要がありますし、歯が揺れてしまっている場合は歯周病の治療や歯の固定が必要になる場合があります。

 

出産されるまでに歯周病が進行しないようにすることが重要になります。

 

歯の揺れる時の治療のページ

 

こんなに歯茎が下がってしまっても諦めないで

歯茎が歯の長さと同じくらい下がってしまう事もあります。

 

歯周病の状態によって変わりますが、歯周病が進行して骨の吸収がない場合は、多くの場合で歯茎を回復されることができます。

 


歯茎がさがっても回復できる場合とは

すごい歯茎が下がってしまったのに、近所の歯医者さんでは下がった歯茎に詰め物をするだけで、経過を見るって言われる事がほとんどです.

 

歯茎が下がってしまってお困りの方は、このページにたどり着けてよかったと思います.下がった歯茎を回復させる歯ぐきの再生治療をご紹介します.

 

お写真ぐらいに歯茎が下がってしまっても大丈夫です.

 

 

歯ぐきの再生治療後1ヶ月

 

完全に下がった歯茎をしっかりと覆う事で、歯の根っこと歯茎が結合していきます.

 

あなたは、下がった歯茎の経過を見るだけで年々下がってしまう歯茎を放置しておきますか?あるいは歯ぐきの再生治療でしっかりともとの状態に回復させる方法を選びますか?

 

歯茎が根っこの先まで下がってしまった場合は、歯を抜くしかなくなってしまう場合もありますので、あまりゆっくりしない方が良いかもしれません.

 

歯茎下がった時の治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯1本の歯茎の再生治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がると何が問題でしょう

歯茎が下がるといろいろと問題が出てきます。

知覚過敏・見た目の問題・歯周病や虫歯のリスクが高まる

などの問題が出てきます。

歯茎が下がった初期に歯茎を回復させる事は良い事です。

歯茎が下がってきた状態
歯茎が下がってきた状態

下がった歯茎に歯石がついてしまっています.歯茎が下がると歯が磨きにくくなるため、歯周病が進行しやすくなります。

 

歯茎が下がったときの治療に関するページ

 

歯茎が下がった時の治療をと希望の方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお電話ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839