歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

歯周病で歯茎が下がってしまいます。

歯茎が下がってしまう原因はいろいろありますが、歯周病が一番の原因となります。

 

歯周病が進行して歯の周囲の骨がなくなってくると徐々に歯茎が下がっていきます。そのため、歯周病が原因で歯茎が下がってしまっている方は、歯茎の問題より骨が吸収してしまっていることの方が重大な問題になっている場合がおおいです。

 

歯茎が下がってしまった場合はまずは歯周病の検査をすることが必要です。

 

歯周病の場合はまず歯周病の治療をして炎症や歯の揺れをおさえるひつようがあります。

 

歯周病が進行すると歯茎が下がってしまいます。

 

歯周病が進行してしまったら歯を抜いて入れ歯にすればいいとお考えの若い方もいらっしゃいますが、歯周病が進行してから歯を抜くまでの間に歯茎が下がってしまい歯が長くなりますので見た目がかなり悪い状態で何年も生活することになります。あまりお勧めしません。

 

また、歯周病の進行はまず骨が吸収してなくなり、その後に歯茎が徐々になくなっていきますので、歯茎を治す前に骨を回復させる必要が出てきます。歯茎が下がってきてしまうと骨の回復が限定的になってしまいますので、歯茎が下がる前に歯周病治療を始めることをお勧めします。

 

歯周病治療の流れのページ

 

歯茎が下がってしまった時の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です


歯茎の下がったときの歯科治療

最近、歯茎が下がった時のお薬の宣伝を見かけますが、歯茎を元に戻すお薬ではないようですので、歯科治療的に歯茎が下がった時の治療法をご紹介いたします。

 

お口の中の歯の周りにある歯茎は健康な状態では歯の根っこの周囲を覆っています。歯茎が歯周病などで削れたりして無くなってしまうと歯茎が下がってきます。

 

歯が長くなって見える場合は歯茎が下がったためです。

 

歯茎が下がってしまった場合、知覚過敏などの症状がなければそのまま経過を見る歯医者さんが多いのですが、歯ぐきの再生治療と言って歯ぐきをもとの状態に戻す方法があります。

 

歯茎が下がったために歯を抜くと言われることもあるようですので、歯茎が下がってしまった方はご相談ください。歯茎の再生治療の無料カウンセリングを行います。

 

歯茎の再生治療は保険が利かない治療ですので料金をご確認ください。歯茎の再生料金

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

犬歯の歯茎は下がりやすい?

犬歯の長さが長くなってきたと感じられていることはありませんか?

 

これは、犬歯の歯茎がやせて無くなって来ているからです。歯茎がなくなってしまうことで、歯の根っこが見えるようになってしまいます。

犬歯の長さが長くなってしまったケース

八重歯ではなく歯茎が下がっている
八重歯ではなく歯茎が下がっている。

お写真は、典型的な歯茎が下がってしまった犬歯の状態です。

 

犬歯は八重歯に見える歯のことを言いますが,きれいな歯並びをしていて昔は八重歯ではなかったのに犬歯が長くなって見えてしまう事があります.これは犬歯の歯茎が下がってしまい,歯が長くなって見えるために、八重歯の様に犬歯が目立ってしまうために起こります.

 

犬歯の歯茎は元々歯を覆う骨が薄い部分ですので下がりやすい部分ではあります.歯ブラシや、歯ぎしりに注意して歯茎が下がらないように予防する事も必要かと思います。

 

お写真の程度に唇がわの歯茎が3〜4ミリ犬歯の歯茎が下がってしまった場合は、歯ぐきの再生治療が有効な場合が多いです.歯と歯の間の骨の吸収がない場合は、完全に歯茎をもとの状態まで回復させる事が可能になるケースも多いです.

 

ただ、歯茎の再生治療を行う前に、レントゲン検査、歯周ポケット検査を行って骨や歯茎の状態を確認する必要があります。

 

歯茎が下がったときの治療のページ


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


 

ただいま歯周病の無料カウンセリングも行っております。この機会にご利用ください。

歯茎の再生治療の無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です

歯周病Blog 歯茎が下がるときの歯のみがき方

歯周病が進行してしまうと、歯茎が下がり、知覚過敏などの症状が出るようになったりします。

 

歯茎が下がってしまうと歯磨きが難しくなります。通常の歯ブラシでは歯と歯の間を磨けないためです。サイズのあった歯間ブラシを使用してください。

 

また、歯周病で歯茎が下がった場合は、柔らかい毛先の歯ブラシで、時間をかけて磨いてください。歯と歯茎の境に磨き残しができないように磨いてください。また、歯の毛先が曲がってしまった場合はすぐに交換してください。

 

硬い歯ブラシの使用や、長時間の歯ブラシはお勧めしておりません。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯周病は歯茎から出血する病気ではありません。

ご存知でしょうか?歯周病は歯茎の出血がなくなっても進行する場合があります。

 

歯茎から出血したら歯周病なんだと思われている方がおおいとおもいます。では、出血が収まったら歯周病が治ったと考えてよいのでしょうか?

 

出血に関しては歯周病に関するよくある誤解なのです。

 

出血するのは表面の歯茎が腫れているからなのです。歯周病は歯茎の内部に炎症があるから進行してしまうのです。

 

歯周病の本当の問題は歯茎から出血することではなく、歯茎の内部で歯の周囲の骨が溶けてしまっていくのが問題なのです。

 

よく歯茎からの出血が落ち着いたので歯周病が治ったと判断してしまう方がいらっしゃいます。歯茎からの出血は歯の表面の汚れをしっかりと清掃し続ければ1~2週間でだいたいの方は出血しなくなります。

ここで注意が必要です。歯茎からの出血が収まったからと言って歯周病が治ったと判断するのはまだ早いでしょう。出血が収まっただけでは歯周病がのこってしまっているかもしれません。

 

歯の表面の細菌の量を減らせば歯茎からの出血は落ち着きます。問題は歯茎の内部に歯周病菌が入り込んでしまっていることです。

 

出血があった方は一度歯科医院で歯茎の内部の状態を確認されることをお勧めしております。

 

歯茎の内部に入り込んだ歯周病菌はご自身では取り除けませんので歯科医院で麻酔をするなりしてしっかりと歯石を取る必要があります。

 

歯茎からの出血に関してのページ

 

 


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です