歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

奥歯の歯茎が下がって知覚過敏になったときの治療

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまって知覚過敏が出てしまっていませんか?

 

歯茎の位置は強い歯ブラシでも下がってしまいます。歯茎が下がると水などの冷たいものでもしみてしまいます。

歯茎が下がった場合、歯茎を再生させることが可能です。

奥歯の歯茎が下がって知覚過敏
奥歯の歯ぐきが性て知覚過敏になってしまったケース

歯茎が下がって知覚過敏に困っていませんか?


歯ブラシでこすり過ぎや磨き過ぎは歯茎が下がる原因の一つですが、知覚過敏だからといって、歯磨きをしないと汚れが残ってしまいます.しっかりと歯ブラシをするために、歯ぐきを回復させる歯ぐきの再生治療も知覚過敏の対処法の一つと考えられます.

下がった歯ぐきを回復させた状態
下がった歯ぐきを覆う事で知覚過敏が軽減されたケース

歯茎が下がってしまっていた奥歯の歯ぐきを歯ぐきの再生治療で回復させています.このかたの場合は知覚過敏が軽減されました.

 

知覚過敏の場合、このケースのように歯の根っこの露出してしまっている所をこすると痛い場合は知覚過敏の症状が軽減する傾向があるように感じます.

 

歯ぎしりによって歯の根っこにくさび状に歯が削れてしまっていて知覚過敏がある方は、歯ぐきを覆う以外にもナイトガードや知覚過敏のお薬を使用するなど複合的に処置をしなくてはいけない場合もあります.

 

歯茎が下がったときの治療法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

 

 

 

歯周病で歯茎が下がってしまった場合の治療

奥歯が歯周病になり進行してしまった場合、骨と歯茎が吸収してなくなってしまう事があります。

 

こういった場合は、まず骨を再生してその後に歯茎の再生治療を行います。

 

ただ、完全に元の状態に戻せない場合がおおいです。

歯周病が進行して歯茎が下がる
歯周病が進行して歯茎が下がる

歯周病で歯の周囲の歯茎が下がってしまった場合は、いきなり歯茎の再生治療を期待することはできません。まずは歯周病の治療を行い、骨を再生させてから歯茎の再生治療を行います。

骨と歯茎の再生治療後の状態。

完全な感じの回復までには至りませんでしたが、下がってしまった歯茎がかなり回復しました。


吸収している顎の骨が回復するのは難しく、完全に元の状態になるのは難しいのです。


今後さらに骨を再生できるように再生治療が発展するのを期待しております。


歯茎が下がった時の治療のページ

歯茎が下がってしみる場合

歯茎が下がってしまってしみてしまう、知覚過敏の問題があります。


歯茎が下がってしまうと、歯の根っこが歯茎の外に出てしまい、歯の根っこが削れてしまったり、磨きにくく虫歯になってしまう問題が発生します。そんな時に知覚過敏の問題が起こる場合があります。


また、歯茎が下がるとそのほかいろいろと問題が出てきます。


知覚過敏・見た目の問題・歯周病や虫歯のリスクが高まる(歯を抜かなくてはいけない深刻なものもあります。)などの問題が出てきます。


歯茎が下がった初期に歯茎を回復させる事は良い事です。(歯茎を回復させる方法を歯茎の再生治療と言っています)

歯茎が下がってしみてしまうケース

歯茎が下がってきた状態
歯茎が下がってきた状態

お写真では、下の前歯の歯茎が下がってしまっています。そして、下がった歯茎に歯石がついてしまっています.このお写真のケースのように下がった歯茎に歯石がついて歯周病が進行してしまうとかなり重症な歯周病になってしまい歯を残せないこともあります。歯茎が下がると歯が磨きにくくなるため、歯周病が進行しやすくなります。


歯茎が下がってしまって知覚過敏が気になるのでしたら、合わせて歯周病などのケアをされることをお勧めします。歯を抜かずに残すために歯茎が下がってしまった場合には注意をすることが必要です。


歯茎が下がってしまった時に行う歯科治療に関してのページは下記のリンクページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がったときの治療に関するページ

 

歯茎が下がった時の治療をと希望の方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお電話ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

 

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

矯正治療をした方の歯茎が下がる場合

矯正治療をした方の歯茎が下がってしまう事がよくあります.


歯茎が薄い場合は矯正治療中に歯茎が下がってしまう事があります.歯茎が下がってしまった場合は歯茎を回復させる方法もあります.

歯茎が下がってしまいやすいケース

歯茎が下がっている方の矯正治療の場合
歯茎が下がっている方の矯正治療の場合

矯正治療で、凸凹していた歯並びをきれいに並べた場合、歯茎が下がってしまう事がよくあります。

特に元々歯茎が下がっている成人の方の矯正治療では、さらに歯茎が下がってしまう事になります.

 

歯茎が薄い場合は矯正治療をする時に歯茎が下がる可能性がありますので、あらかじめどうするかお考えの方が良いかもしれません.

 

矯正治療をお考えの成人の方は、歯茎が下がる事を予防しながら矯正治療を行う必要があります。歯を支える顎の骨に厚みを増やしてから矯正を行い、矯正治療後に歯茎の再生を行う事が一般的です.

 

歯茎の再生は歯茎が下がったときの治療のページをご覧ください.

 

歯ぐきの再生治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制となります.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

歯茎の下がった方がまず注意する歯ブラシ

歯茎が下がってしまった時にまず注意する事は歯ブラシです.

 

歯ブラシの種類、歯ブラシの仕方の注意事項を守られる事でさらに歯茎が下がってしまう事をある程度予防できます.

 

まず、歯ブラシの仕方ですが,歯茎の下がってしまった方は、歯磨きを長時間しすぎてさらに歯茎を下げてしまう場合があります。何十分も歯を磨き続ける必要はありません.同じ所を磨きすぎるのは歯茎にも歯にも良くありません.

 

歯ブラシの毛先の固さですが、固い毛の歯ブラシの使用は歯茎を傷つけ歯茎が下がる原因となってしまいます。固めの歯ブラシの先を使用せず、普通か柔らかいものを使用してください.

 

また、歯ブラシでこする力加減にも注意が必要です.不用意に力を入れないように気をつけてください。軽く握って歯ブラシをして頂いても十分に磨けます。

 

歯ブラシのの方法をご確認ください.

 

まず、磨く場所を意識して歯を磨いてください.無意識に歯ブラシをしていると同じところだけを長く磨いてしまっている場合があります.同じ箇所を20回以上磨かないように、できれば鏡を見ながらどこを磨いているかを意識して奥歯から順番に磨いていく事をお勧めします。

 

右上奥歯〜上の前歯〜左上奥歯〜左下奥歯〜下前歯〜右下奥歯の順番で磨く事がおすすめと言われています.一度磨いた所に戻らずにいったん全部の歯を磨いてください.そして、磨きが足りないと思う部分を全部磨き終えてから追加で磨いてください.闇雲に右を磨いて疲れたら左を磨きしばらくしてまた右を磨くような磨き方はお勧めできません.

 

歯茎が下がってしまったときの治療方法、治療例などに関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

歯茎が下がる

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921