歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

歯茎が下がったときの差し歯の治療

歯茎下がる
歯茎下がる

歯茎が下がったままできれいな差し歯が入っています.通常、審美歯科治療では差し歯を下がった歯茎の位置で治療しますので、差し歯が長くなってしまいます.

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯が下がったときはお写真のように歯茎の再生治療を行って歯茎の位置を回復させてから、審美歯科治療を行う事がおすすめです.

歯茎が下がったままにきれいにオールセラミックを入れても見た目が悪く、歯ぐきの再生とオールセラミックの再治療を希望される方がよくいらっしゃいます.

オールセラミックの費用が2倍かかってしまいますので、最初に差し歯にする前に下がった歯茎を回復させる事をお考えになった方が良いでしょう.

 

歯茎が下がったときの治療法は下記のリンクページに詳しい内容を記載しております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

 

忙しい女性の方におすすめ!下がった歯茎の治療法

急いで歯を磨くと知覚過敏がおきてしっかりと磨けないと言う方におすすめです.


女性の方に多いのですが、歯茎が薄い方や歯茎が下がってしまった場合、しっかりと歯を磨こうとすると歯茎をこすってしまって痛みが出たり,歯の根っこを磨くと知覚過敏が出てしまい、忙しい時に下がってしまった根っこを磨く事は大変です.

 

こういった場合の解決方法として、歯茎が下がった部分を歯ぐきの再生治療で回復させる方法があります.

歯茎が下がってしまった時の治療例

歯茎が下がる
歯茎が下がった状態

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまっています。歯茎が薄くまた、歯茎が下がっています。非常に傷つきやすい歯茎です。

歯茎が下がる
歯茎が下がった時の治療

歯茎の再生治療で下がった歯茎が回復した状態。歯茎の厚み・高さも十分回復しておりますので、しっかりと歯ブラシをしても歯茎が下がったり、お痛みが出にくくなっています。


歯茎が下がってしまった時の治療法を歯茎の再生治療と言っています。詳しく知りたい方は下記のリンクページをクリックしてご覧ください。


歯茎が下がった時の治療ページ

歯茎の再生治療は保険外診療となります。費用は¥70,000~(税別)となります。

歯茎が下がると何が問題でしょう

歯茎が下がるといろいろと問題が出てきます。

知覚過敏・見た目の問題・歯周病や虫歯のリスクが高まる

などの問題が出てきます。

歯茎が下がった初期に歯茎を回復させる事は良い事です。

歯茎が下がってきた状態
歯茎が下がってきた状態

下がった歯茎に歯石がついてしまっています.歯茎が下がると歯が磨きにくくなるため、歯周病が進行しやすくなります。

 

歯茎が下がったときの治療に関するページ

 

歯茎が下がった時の治療をと希望の方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい.無料カウンセリングは御予約制となりますのでお電話ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

歯茎はすごく下がりやすいものです。歯ブラシごしごしは禁止です。

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎は一般的に下がりやすいものです。

お写真のように歯茎の中から血管が透けて見えるような薄い歯茎は特に下がりやすいものです。

歯茎と歯の付け根の部分の色がちがう部分は歯の根っこの部分です。数ミリの歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまったという事になります。

このような薄い歯茎はこすってしまうとすぐき下がってしまいます。柔らかい毛先の歯ブラシを使用してください。

 

歯茎が下がった時の治療に関するページ

 

歯茎が下がってしまった場合の治療をご希望の方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。歯茎が下がった原因を確認した上で、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯周病ブログ 歯周病の場合の歯ブラシの確認

歯周病になってしまった方は、日々の歯ブラシの習慣を変える必要があります。歯磨きにかけていた時間を長くする必要もありますし、鏡をみならが磨いていただく必要もあります。また、使用する歯ブラシも何種類かお使いいただくことになります。

 

歯ブラシを上手にすることで歯周病の炎症を抑え、歯科医院での処置を有効にします。歯ブラシができてない場合、歯科医院での治療が無意味になってしまうこともあります。

 

歯ブラシの仕方でよく注意して頂くのは強く磨き過ぎや長く磨き過ぎに関してです。お口の中を拝見すると歯茎が白くなってしまっていたり、こすれて歯の表面が薄くむけてしまっていたりする事があります。これは歯ブラシで歯茎が痛んでいる状態です。

同じところを何度もこする癖が合ったり、歯ブラシの毛先が固い物を使用していたりするとすぐに歯茎は痛んでしまいます。

また、歯茎が下がってしまう事もよくあります。ご注意ください。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

歯周病の歯ブラシお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839