歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

差し歯の歯茎が黒く見えた時は歯茎が下がっている?

あなたは、差し歯の歯茎が黒くて気になっていませんか?

 

歯周病などで歯茎に炎症が起こって歯茎が下がってしまう場合や、炎症がなくても歯茎が下がることもあります。歯茎が下がってしまった差し歯は歯茎の付け根の部分が黒く見えるようになってしまいます。

 

差し歯の歯茎が下がってしまうこともよくあります。歯茎が下がってしまった場合は放置していても戻りません。


差し歯の歯茎が下がってしまうとはどういうこと?

歯茎が薄い
歯茎が薄いために歯茎が下がるケース

歯茎が薄いと歯茎が下がりやすくなります.歯茎が下がってしまった場合は、厚い歯茎を移植する方法などで歯茎の下がりを回復し、予防する事ができます.

特に差し歯の歯茎が下がってしまうと見た目にも悪いため、歯茎の下がりを回復する治療をされると良いのではないでしょうか。虫歯の予防にもなります.

 

歯茎が下がってしまって治療を希望される方は、下記のリンクページに治療方法や症例のご説明をさせていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がった時のページ

 

また、歯茎が下がってしまって治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上      JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921


歯茎の再生治療の注意


歯茎の再生治療および、セラミック治療は保険外診療となります。標準的なケースでは、1〜3本の歯茎の再生治療7万7千円(税込)かかります。


また、歯茎の再生治療はリスクもあります。外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。症例数をなるべくたくさん掲載しておりますので、いろいろなケースをご覧ください。

 


メモ: * は入力必須項目です

下がりやすい歯茎の確認ができますか?

下がりやすい歯茎ってご存知でしょうか?

 

あなたの歯茎が下がってしまっているのでしたら、歯茎が下がりやすい状態かもしれません。今回は、下がりやすい歯茎に関してのご説明をさせていただきます。歯茎の下りやすさはあまり知られていないのですが、重要ですのでしっかりと覚えておいたほうが良いでしょう。


下がりやすい歯茎はこの歯茎です。

下がりやすい歯茎
下がりやすい歯茎

 

 お写真を見てすぐに歯茎の状態が分かったという方は、歯科の関係者なのかもしれません。通常はよくわからないと思いますので、歯茎の状態を説明させていただきます。

 

ところで、上のお写真の歯茎は、下がりやすい歯茎のお写真です。

 

どういうことかと言いますと、お写真では、歯茎の中から血管が透けて見える歯茎をしています。このような歯茎は、非常に薄い歯茎と考えていただいてほぼ間違いありません。薄い歯茎は特に下がりやすいものです。

 

現時点で、歯茎が下がり始めている方は歯茎の状態をしっかりとみてかくにんしてください。このように血管が透けてしまう歯茎は、丁寧に歯ブラシをしないとさらに歯茎が下がってしまうと思っておいたほうが良いでしょう。

 

歯茎と歯の付け根の部分の色がちがう部分は歯の根っこの部分です。数ミリの歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまったという事になります。

 

このような薄い歯茎はこすってしまうとすぐき下がってしまいます。柔らかい毛先の歯ブラシを使用してください。

 

もしもうすでに歯茎が下がってしまっている場合は歯茎が下がった時の治療に関する下記のページをクリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がった時の治療に関するページ

 

歯茎が下がってしまった場合の治療をご希望の方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。歯茎が下がった原因を確認した上で、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

歯茎が下がってしまったなど無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03-3251-3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


メモ: * は入力必須項目です

歯茎が下がってしまって歯ブラシがしっかりと出来ない方へ。

歯茎が下がってしまった方は歯ブラシが原因かもしれません。

 

歯ブラシを長時間同じ場所に当ててこすっていませんか?

 

歯茎が下がってしまった方は、今日から歯ブラシの方法を確認していただくことが大切です。磨きすぎても磨かなくても歯茎の問題が起こってしまいます。丁度いい歯ブラシの方法のご説明です。

歯茎が下がる
歯茎が下がってしまって汚れがついてしまっている状態

 歯茎が下がってしまっている方は、さらに歯茎が下がる事を心配されてしっかりと磨いていない事があります.

 

 歯茎が下がったと言ってしっかりと磨かないと歯周病が進行してしまいます.まずは歯茎が下がっていない所通常通りしっかりと磨いて頂き、最後に仕上げで歯茎の下がってしまっている部分の歯を柔らかめの歯ブラシでしっかりと磨いて頂いてはいかがでしょうか?

 

 歯茎が下がってしまってしっかりと歯を磨くのが怖いと言う事でしたら,下がった歯茎を歯ぐきの再生治療にて元の状態に回復させてはいかがでしょうか。歯ぐきの再生治療では歯茎の厚みも増しますので歯茎が下がりにくくなります.

 

歯茎の下がってしまった場合の治療法に関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎の下がってしまったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がってしまって治療をしたいとお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明をいたします.また、歯ぐきの再生治療は保険外治療となりますのでお見積もりもお渡しいたします.

 

歯茎の下がってしまった時など無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

メモ: * は入力必須項目です

インプラントの歯茎が下がって黒く見える場合。

インプラントに使用する人工歯根は通常金属のチタンを使用しております。そのため、歯茎が下がってくると歯茎の上からチタンの黒い色が透けて見えてしまいます。

 

特に歯茎や骨が薄い場合は、インプラントの金属が見えやすくなりますので、歯茎を黒く見えないようにするためには骨や歯茎を増やす必要があります。


インプラントの歯茎が下がった場合の例

 

お写真の前歯はインプラントが入っている歯の歯茎が下がってしまっています。歯茎が下がってしまったため,インプラントの金属が透けて見えてしまっています。

 

こういったケースでは歯茎の厚みを歯茎の再生治療で増す事で下がった歯茎を回復させる上に歯茎の黒い部分を覆って見えなくする事ができます。


歯茎が黒い場合の治療に関しましては別のページに詳しい内容を記載させていただいております。下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

歯茎が黒い場合の治療法のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

 


~インプラントの歯茎の再生の注意~

 

インプラントの歯茎の再生は保険外診療となります。インプラントの種類などによって料金がかわります。1~3本あたり11万円(税込み)の料金となります。

 

また、インプラントのアバットメント(土台)を交換する必要がある場合は、アバットメントの料金がかかる場合があります。カスタムアバットメントと言って、歯茎を圧迫しない形のアバットメントをオーダーで作成するため、7万7万7千円(税込)かかります。

 

リスクについて

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません

歯茎が下がった方は歯周病の確認からおこないます。

歯茎が下がってしまった。どうしようということですぐにでも歯茎を再生させてなんとかしたい。という方もいらっしゃいますが、まずは歯茎が下がった原因を確認する必要があります。

 

歯茎が下がってしまった原因が歯周病の場合単に歯茎の再生治療だけでは歯茎を回復させることができない場合があります。まずは、歯周病の検査からになります。

歯茎が下がってしまった方は、歯周病が進行してしまっているのかどうか確認する必要があります.

 

歯周病の感染が起こっているかどうかを細菌検査にて行う方法があります.

 

お口の細菌を顕微鏡やDNAの検査で歯周病菌を確認します.

 

歯周病菌がいる状態で歯茎が下がってしまっている場合は、歯周病の感染が原因で内部の骨の吸収などが起こってしまった結果歯茎が下がってしまったものだと思われます.

 

単純に歯茎が下がってしまっただけであれば歯ぐきの再生治療をすぐに行い歯ぐきを回復させる事が可能です.

 

歯茎が下がってしまったときの治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いておりますので、ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がってしまったときの治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で万7千円(税込)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。