歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

歯と歯の間の歯茎が下がった時はダイレクトボンド方で歯の隙間を埋めて綺麗にします。

歯と歯の間のすき間って気になっていませんか?

 

成人の方が、並んでない歯を矯正治療などで綺麗に並べると、歯と歯の間のに三角形の隙間ができることがあります。この隙間のことをブラックトライアングルと言っています。

 

前歯にこのブラックトライアングルができてしまうと、見た目が悪くなってしまいます。スキッパと言われている状態です。物が挟まりやすくなることも問題です。

 

ブラックトライアングルって黒く見えるけど見た目を治せるの?

 

歯科では、歯と歯の間のすき間を目立たなく綺麗にする方法にダイレクトボンド方があります。この方法の利点は歯を削らずに見た目を綺麗にすることができるということです。

 

 


ダイレクトボンド方で歯の隙間を埋める治療例

歯茎が下がる
歯茎が下がる 治療前

歯と歯の間の歯茎が下がってしまう事があります.こういったケースでは下がった歯ぐきを回復させるのではなく歯にダイレクトボンド法と言って詰め物をくっつける治療を行います.

前歯の歯ぐきが下がって黒
前歯の歯ぐきが下がって黒

前歯の歯ぐきが下がって黒く空いていた部分をダイレクトボンド法にて埋めています.自然な感じの仕上がりですので、違和感はありません.

 

 

歯茎が下がったときの治療のページ


それで、ダイレクトボンド法のお値段は?

 

ダイレクトボンド法は審美歯科で行う場合、保険が効かない治療です。

 

いわゆる虫歯の治療ではありません。

 

当院では、1部分をハイブリットセラミックにて治療すると¥30,000-(税別)の料金がかかります。

 

しっかりとお考えの上、どうするか決められるのが良いと思います。

ご相談を希望されるのでしたら、無料カウンセリングにお越し下さい。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 


~審美歯科治療の注意点~

 

審美歯科治療は保険外診療となります。ダイレクトボンド法は1本あたり3万円(税別)かかります。

 

注意していただきたいのが、歯の形はどのような形でも作れるわけではありません。噛み合わせや歯茎の状態によってご希望の形が難しい場合もあります。

 

 

 

また、ダイレクトボンド法に使用する硬質レジンは比較的変色しない素材ですが、歯ブラシの状況等により経年劣化のスピードが早くなる場合があります。

歯周病ブログ 歯間ブラシは歯茎を傷付けないように注意

歯周外科後に歯と歯の間にものが挟まったからと言って歯間ブラシをしないようにしてください。歯間ブラシで歯茎を押してしまうと、歯茎が下がってしまいます。

通常の歯周病では歯間ブラシを使用していただきますが、歯周外科後は1~2か月ほど歯間ブラシをしないようにしてください。

しばらくはうがいだけにしていただいて、お掃除は歯科医院にお越しになってください。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

歯周病の方や、歯茎が下がりやすい方は特に歯ブラシ・歯間ブラシの選択が重要になります。歯茎を傷つけずにしっかりと歯ブラシをする事が必要になります。ただ、注意して頂きたいのは、歯茎から出血するのは、歯茎を傷つけたのではなく歯ブラシが不十分であった可能性が高いと言う事です。歯茎からの出血の多くは上手く磨けていないとお考えください。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

歯茎はすごく下がりやすいものです。歯ブラシごしごしは禁止です。

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎は一般的に下がりやすいものです。

お写真のように歯茎の中から血管が透けて見えるような薄い歯茎は特に下がりやすいものです。

歯茎と歯の付け根の部分の色がちがう部分は歯の根っこの部分です。数ミリの歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまったという事になります。

このような薄い歯茎はこすってしまうとすぐき下がってしまいます。柔らかい毛先の歯ブラシを使用してください。

 

歯茎が下がった時の治療に関するページ

 

歯茎が下がってしまった場合の治療をご希望の方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。歯茎が下がった原因を確認した上で、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

前歯の歯茎が下がってしまったのを気にされている方へ

前歯の歯茎が少し下がってきて気になるのですが?

 

年齢とともに歯茎は下がってきやすくなります。ほっぺた側の歯茎や骨の厚みが加齢現象で薄くなることが報告されています。

 

対処法はありますか?

 

歯茎の下がった量が少なく気にならない場合は、そのままでもよいと思いますが、歯茎の下がった量が多くなってしまった場合は、歯茎を回復させる歯茎の再生治療(結合組織移植術)などをしたほうが良い場合もあります。

 

歯茎を下がらないようにする予防法はありますか?

 

歯ブラシの強さ、磨く力、時間などに気を付けることが大切です。

また、歯茎の再生治療(結合組織移植術)で歯茎の厚みを増やすことで、歯茎が下がりにくくなります。

 

歯茎の再生治療(結合組織移植術)ってどういうことですか?

 

歯茎の厚みといってもわかりにくいと思いますので、下のお写真をご覧ください。2枚の上の方のお写真の歯茎は1ミリほど歯茎が下がってしまっています。

下のお写真では、歯茎の位置を下のほうに移動したうえで歯茎の厚みを増しています。

 

歯ぐきが下がる
前歯の歯ぐきが下がってしまった場合

前歯の歯ぐきが数ミリ下がってきて歯の根っこが少し露出してしまっています.

この状態はまだ初期の段階ですので、下がったしまった歯ぐきをしっかりと回復させる事ができると期待できます.

歯ぐきが下がったときの治療
歯茎が下がった部分の回復

~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

下がった歯ぐきが回復してきています.特に八重歯の歯ぐきがしっかりともとの歯ぐきの位置まで回復しました.

歯ぐきの厚みもありますので今後歯ぎしりの予防、歯ブラシの確認をしながらメンテナンスを行います.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

 

歯が揺れている場合は、歯茎が下がりやすい状況です。

歯ブラシをしただけでも歯が動くのを感じてしまう程歯が揺れている場合は、かなり歯周病が進行してしまっている可能性があります。

 

こういった状況では歯周病の処置をしたとしても歯茎が下がりやすくなります。歯茎が下がるだけでなく、歯自体が残せるか抜けてしまうかという状況になっている可能性があります。

 

なるべく早く歯の揺れの対処をされる必要があります。何らかの方法で固定をする事になると思います。固定前に炎症を取る必要もあります。

 

歯茎が下がってしまっている方の治療ページ

 

歯茎が下がってしまっている方の治療ページでは歯茎を回復させた症例を中心にご説明をさせて頂いております。歯茎の再生治療では、処置後の歯茎のきれいな状態をご確認ください。前歯の歯茎を再生させた場合もきれいに回復しますので目立ちません。