歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

歯茎が下がったときの差し歯の治療

歯茎下がる
歯茎下がる

歯茎が下がったままできれいな差し歯が入っています.通常、審美歯科治療では差し歯を下がった歯茎の位置で治療しますので、差し歯が長くなってしまいます.

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯が下がったときはお写真のように歯茎の再生治療を行って歯茎の位置を回復させてから、審美歯科治療を行う事がおすすめです.

歯茎が下がったままにきれいにオールセラミックを入れても見た目が悪く、歯ぐきの再生とオールセラミックの再治療を希望される方がよくいらっしゃいます.

オールセラミックの費用が2倍かかってしまいますので、最初に差し歯にする前に下がった歯茎を回復させる事をお考えになった方が良いでしょう.

 

歯茎が下がったときの治療法は下記のリンクページに詳しい内容を記載しております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

 

~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミック 5本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)オールセラミック 5本で30万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がってしまったときの新しい差し歯の治療方法

歯周病が進行してしまうと、歯の見た目が悪くなってしまいますね。

 

歯茎が下がって、長い歯になるのを気にされる方もいらっしゃいます。

そんな場合に、見た目を改善する審美歯科の治療法をご紹介いたします。

 

歯周病が進行してしまった場合の見た目とは?

歯茎が下がった差し歯
歯茎が下がった差し歯

歯茎が下がった状態で差し歯にしたため、長く見える差し歯がずっとコンプレックスになってしまっていたという方には今回ご紹介する新しい差し歯の治療法が解決策になるかもしれません。

新しい差し歯の治療法では歯ぐきの再生治療を差し歯の治療と合わせて行います.

歯ぐきの再生治療とオールセラミックの差し歯を入れる事で、歯の長さがもとの状態に戻りました.

 

ただ、ご注意いただきたいことがございます。差し歯の歯茎が下がってしまった場合、差し歯治療と合わせて歯ぐきの再生治療を行う事で差し歯の長さを改善できます.先に差し歯を治してしまったら、再度歯茎の再生治療と合わせて差し歯を作り直す事になってしまいます。

 

このため,差し歯の長さを気にされている方はこういった新しい審美歯科治療を行っている病院が非常に少ないため、ご確認のうえ治療を開始された方が用意と思います.

 

歯茎が下がってしまったときの治療

 

 


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

お写真では、上前歯6本の歯茎の再生治療と合わせてオールセラミック 4本の治療を行っております。

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療6本で14万円(税別)オールセラミック 4本で24万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯周病ブログ 歯を支える骨がなくなる

歯周病の炎症がおこると体の免疫が反応して炎症の周りの骨を吸収させます。骨が吸収してくると歯が揺れたり動いたりしやすくなります。つまり、歯周病が進行するほど歯が揺れてくるようになります。

 

完全に歯を支えている骨がなくなってしまうと歯が抜けてしまいます。骨の再生治療もできません。歯周病が中程度以上の方は定期健診が大切になります。定期健診で歯周病の検査や、レントゲンも定期的にはされることが歯周病の進行から守ります。

 

歯の揺れる方のページ

 

歯周病が気になる方はまずは無料カウンセリングで、歯周病の状態を確認されてください。無料カウンセリングでは治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 


歯周病ブログ 歯茎からの出血のある方の磨き方

歯茎から出血したというと驚かれる方も多いのではないでしょうか。歯茎から出血するのは歯茎が歯周病で炎症を起こしているためです。

 

歯茎からの出血を抑える歯磨き方法で歯ブラシをしてください。まず、ずきずき痛む場合は歯ブラシするより歯科医院で消毒していただいた方が良いのでそうしてください。痛くない場合、歯ブラシの毛先の普通か柔らかいものを選んで、歯茎と歯の付け根に合わせて1本あたり20回こすってください。痛いときは歯茎をこすっていますので歯茎に当たらないようにしっかりと歯に当ててください。

 

1週間もすると歯茎からの出血は収まります。

 

ただ、出血の原因は歯石の上に磨き残しがついてしまっているためですので、磨き残しの付きやすい歯石は歯科医院でお取りになられるのが良いと思います。ご自身で取ろうとすると歯茎を傷つけてしまうこともあります。

 

歯茎からの出血の詳しいページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

歯茎が下がってしまうのは歯ブラシだけが原因ではありません。

歯茎が下がってしまうと、多くの歯科医師は歯ブラシを強く磨きすぎたためと説明するかと思います。

 

歯ブラシは、歯茎が下がってしまう原因の一つです。ただ、他にも原因がいろいろあります。

 

矯正治療も歯茎が下がってしまう原因の一つです。

 

矯正治療後に、歯茎が下がってしまう方が非常に多い確率でご相談にお越しいただきます。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

お写真は、矯正治療後に歯茎が下がってしまったケースです。下の歯茎だけ下がってしまっていますが、下の歯だけ歯ブラシをしすぎたとは考えにくいと思います。

 

お写真の下の歯茎は、薄い部分が多く、下の歯茎の方が上より下がりやすかったものだと思われます。

 

こういったケースでは歯茎の再生治療を行います。

歯茎の再生治療
歯茎の再生治療

歯茎の再生治療で、前歯から奥歯まで歯茎の厚みを増やしています。歯茎が元の位置近くまで回復しました。

 

歯茎の厚みが増すことで、しっかりと歯ブラシをしても歯茎が下がりにくくなります。将来的な歯茎の予防にもなります。

 

詳しくは歯茎が下がってしまった時の治療のページをご覧ください。


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。