歯肉が下がってしまった方の回復方法

歯肉が下がってしまっている部分はありませんか?

 

歯肉は年齢とともに下がる物ではなく、歯ブラシなどの外傷的に歯肉が削れてしまったり、歯ぎしりが強くて歯が揺れてしまっているために歯肉が下がってしまいます。

 

歯肉の下がりやすさは遺伝的に歯肉が薄い場合下がりやすくなります。歯ブラシ選びや歯ブラシの強さが適正でないと歯肉の薄い方は下がりやすくなりますので、注意が必要になります。

 

まずは歯ブラシについての確認をする事が大切になります。このページのはブラシの項に歯ブラシの注意が書いてあります。

 

歯肉が下がるのを予防した上で、歯肉を回復させる再生治療を行うと良いでしょう。歯肉が回復した上、歯肉の厚みが増すために再度歯肉が下がりにくくなります。

歯肉が下がる
歯肉が下がる

歯肉が下がってしまった場合に回復させる方法はあまり多くありません。

歯肉を回復させるには、歯の根っこを歯茎で覆う必要があります。

歯肉が下がってしまった時に回復させる治療
歯肉が下がってしまった時に回復させる治療

このケースでは、前歯の見た目が木になる部分ですので、見た目の綺麗な歯茎の再生治療を選択しました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

お電話が混み合っておりますので、メールでのご相談もお受けいたしております。

歯肉が下がった時のブログ

歯茎を下げない方法

あなたの歯茎の一部が下がってしまっている場合、ほかの部分の歯茎も下がってしまう可能性があります。

 

歯茎が下がってしまう原因は歯周病かもしれません。一部の歯茎が下がってきたら、歯周病が全体的に進行してしまっている可能性もあります。

 

歯茎の下がる原因の一つに歯周病があります。日本人の80%がかかっているというデータもあるほど歯周病は10代や20代にも見られ、まさに国民病と言えます。歯周病が原因で歯茎が下がることも多いものと思われます。

 

 歯周病になると歯と歯茎の間にある歯周ポケットという隙間が深くなります。深くなったポケットの奥は歯ブラシが届かず細菌が増殖する格好の環境となります。歯周病の原因となる歯周病菌などが増殖しやすい環境になります。

 

 細菌が増殖すると、細菌が出す毒素によって歯茎を支える歯槽骨が溶かされるため歯茎が下がり、歯が伸びて長く見えたり、歯と歯の間に隙間ができて食事が詰まるほど歯茎を痩せさせることにつながります。

 

 歯周病は歯周ポケットが深くなる前は歯磨きで改善できますが、

歯周ポケットが4ミリ以上深くなると歯磨きにもコツが必要になりますし、ポケット内に歯石が付着していますので、歯医者での診察が必要です。

 

歯茎が下がってしまった時の治療方法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がるときの治療法のページ

 

歯茎がさがてしまった時の治療を希望される方は無料カウンセリングを行っております。治療方法のご説明やお見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120-25-1839

歯茎が黒いのは歯周病のせいでしょうか?

あなたは、時々歯茎の色を確認していますか?

 

歯茎の色が変化をすることがあります。たとえば黒ずんでしまう事もあります。

歯茎が黒い
歯茎が黒い

ブリッジの歯の無い部分の歯茎が炎症を起こして黒く見えます.このお写真のように炎症が慢性的に進行してうっ血してしまっている場合は歯茎が黒く見えてしまう場合があります.

 

このケースのように歯周病が原因で歯茎が黒くなってしまう事があります.歯周病が原因の場合は歯茎の内部から黒くなってしまっています.

 

歯ブラシをしっかりして、炎症の原因を取り除き歯茎の炎症を取り除き歯茎を引き締めることで歯茎のうっ血を改善します.うっ血が改善されれば歯茎の黒ずみが改善します.

 

ただし、歯周病が原因で歯茎が黒い場合は歯周病の進行具合によって、治療期間、費用が異なります.歯茎が炎症する原因となる歯周病が進行してしまっている場合は歯周病の治療が大変なものとなります.

 

歯茎が黒いに関するページ

 

 

歯茎が下がったブリッジの審美歯科治療方法

歯茎の下がってしまう問題は歯を抜いた後にも起こります。ブリッジの差し歯を入れる時、間の歯のないダミーの部分の歯が長くて見た目が悪いという方はいらっしゃいませんか?歯が長くて非常に見た目が悪く気にされる方が多くいらっしゃいます。

 

歯を抜いた後、歯茎が下がってしまう事がしばしばあります.歯茎が下がった部分にブリッジの治療を行うと歯を抜いた部分の歯が長くなってしまう事があります.

 

そんな見た目の悪い差し歯のブリッジを審美的な見た目に治す審美歯科治療法のご紹介です.


ブリッジの差し歯の長さが長いのを改善したケース

歯を抜いた後歯茎が下がったケース
歯を抜いた後歯茎が下がってしまったケース

歯を抜いた後歯茎が下がってしまった状態でブリッジ治療を行うと左のお写真のように長いブリッジの差し歯になってしまいます.

 

こんなケースでは歯ぐきの回復を審美歯科治療と平行して行う事で審美的な見た目となります.

ブリッジの仮歯
ブリッジの仮歯

歯を抜いた後の下がってしまった歯ぐきを歯ぐきの再生治療にて回復させた後に仮歯を入れた状態です.

 

上のお写真より平均的な歯の長さとなり、審美的な見た目となっております.

歯茎が下がってしまった場合のブリッジ治療など審美歯科治療に関しましては下記のリンクページに追加の症例を紹介させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.


歯茎が下がってしまった場合の差し歯の治療のページ


~歯茎の再生治療と審美歯科治療の注意~

 

歯茎の再生治療や審美歯科治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)です。また、審美歯科治療は保険外診療となります。オールセラミック で歯並びを治す場合、オールセラミック の種類によって当院では1本6万円(税別)~15万円(税別)のセラミックを選んでいただいております。

 

上のお写真では、歯茎の再生治療、上の前歯6本で14万円(税別)、オールセラミック ブリッジ上の前歯6本で60万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

歯茎の再生治療のリスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

審美歯科のリスク

 

 

審美歯科で歯並びを治す場合のリスクとしては、歯の神経を取らないとしみてしまったり、お痛みが出てしまう場合があります。

 

薄い歯茎が下がらない歯ブラシ方法

歯茎が薄い方は歯ブラシの方法に気をつける必要があります.

 

血管が透けて見えるような薄い歯茎の方は要注意です.若いうちから歯ブラシに気をつける必要があります.

 

歯茎が薄い方は歯茎が下がりやすいため,特に注意をする必要があります。歯茎が薄く血管が見えているような歯茎は傷付けてしまうと回復せずにそのまま下がってしまうこともあります。

 

薄い歯茎の場合は歯ブラシを丁寧に、優しく、毛先も柔らかいものを使用して磨くようにしないと歯茎が下がりやすくなります。

 

歯茎が下がってしまった方や、薄い歯茎の方は移植を伴う歯茎再生をすることで歯茎を厚くすることができます。

 

歯ぐきの再生治療に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

歯茎の再生についてのページ

 

歯茎の再生に関して治療ご希望の方はまずは無料カウンセリングにお越し下さい。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1〜3本で14万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯茎が下がった場合、どこで治しますか?

通常、歯茎が下がっても歯茎を回復させる治療を行っている病院は少ないようです。また、歯科医師の中でも一般的な治療でないので、経験症例数も少ない場合が多いようです。


歯茎が下がった場合,一般的な歯科医院では経過を見るだけで歯茎を回復させる事ができません。定期的なメンテナンスをすることで、下がった歯茎が炎症を起こさないように現状維持を目指すことが多いようです。

 

歯茎が下がった時の回復させる治療はまだ、歯科医院では一般的ではないため,もし治療をご希望の方は歯茎の再生を行っているか確認されると良いと思います。


特に、差し歯の歯茎が下がってしまった場合に、差し歯を作り直すだけで、処置が終わってしまい、左右の差し歯の長さがことなってしまうということも多いようです。見た目が悪くなってしまうので、差し歯の歯茎が下がって治したい場合は、歯茎の再生治療を行うことをお勧めしております。


現在、東京の神田にしか病院がございませんが、当院にお越しいただけましたら歯茎を回復する治療を行う事は可能です。

 

歯茎が下がってしまった時の治療に関するページは下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください。


歯茎が下がった時のページ

 

また、歯茎が下がってしまって治療を希望される方、まずは無料カウンセリングにお越しください。ご予約制となっております。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

03-3251-3921

まで


~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。歯茎の再生治療1〜3本で万円(税別)かかりました。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。


メールお問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です

アクセス