歯茎の退縮と歯の見た目、審美歯科について

歯が長くなってしまったら見た目に老けた感じになります。

 

歯茎を再生させて、平均的な歯の長さに戻すことが審美的と言えます。また、それ以上に歯周病の進行を食い止めることができますので、メリットが大きいです。

歯茎の退縮と審美ケース 前歯の差し歯の歯茎が下がってしまった場合

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が退縮してしまい見た目に良くない状態となっております。また、歯茎下がることでさらに歯茎が磨きにくい状態になってしまい歯茎が傷ついてしまっています。

歯茎を再生させた状態
歯茎を再生させた状態

歯茎の再生治療を行うことで、歯茎が元の位置に回復し、審美的な大きさの仮歯が入りました。

歯茎のラインが左右対称になることで、歯の大きさも左右対称になります。歯の大きさが左右で対称になることは、本人より、歯を見ている他人の方が気になります。

 

また、歯茎の再生を行うことで今後歯茎が下がることを予防することができます。


長い差し歯は外してから歯茎の再生治療を行います.

長い差し歯
長い差し歯

犬歯の隣の差し歯を治療すると言う事で、歯の長さを改善するために歯茎の再生委治療を行います。このケースでは、長さの長い差し歯を外して仮歯に交換した上で歯ぐきの再生治療を行います.

 

従来法では、下がった歯茎に合わせて差し歯を作成しますので、歯の長さは長いまま、あるいはさらに長さの長い差し歯になってしまっていました.

 

歯ぐきの再生治療を取り入れる事で、下がった歯茎を回復できますので、歯の長さをもとの長さに回復して、歯の長さが元通り短くなります.

 

そのため、歯茎が下がった場合の審美歯科治療は、従来の差し歯治療ではなく歯茎の再生治療を行う事をお勧めしております。

 

当院では、かかりつけの先生で差し歯の治療を行って、歯ぐきの再生治療だけ当院で行う方も増えてきています.

歯ぐきの再生
歯ぐきの再生

お写真のように歯茎の再生を行う事で、下がった歯茎を回復させる事が可能です.仮歯が入っています.


歯周病は歯茎から出血する病気ではありません。

ご存知でしょうか?歯周病は歯茎の出血がなくなっても進行する場合があります。

 

歯茎から出血したら歯周病なんだと思われている方がおおいとおもいます。では、出血が収まったら歯周病が治ったと考えてよいのでしょうか?

 

出血に関しては歯周病に関するよくある誤解なのです。

 

出血するのは表面の歯茎が腫れているからなのです。歯周病は歯茎の内部に炎症があるから進行してしまうのです。

 

歯周病の本当の問題は歯茎から出血することではなく、歯茎の内部で歯の周囲の骨が溶けてしまっていくのが問題なのです。

 

よく歯茎からの出血が落ち着いたので歯周病が治ったと判断してしまう方がいらっしゃいます。歯茎からの出血は歯の表面の汚れをしっかりと清掃し続ければ1~2週間でだいたいの方は出血しなくなります。

ここで注意が必要です。歯茎からの出血が収まったからと言って歯周病が治ったと判断するのはまだ早いでしょう。出血が収まっただけでは歯周病がのこってしまっているかもしれません。

 

歯の表面の細菌の量を減らせば歯茎からの出血は落ち着きます。問題は歯茎の内部に歯周病菌が入り込んでしまっていることです。

 

出血があった方は一度歯科医院で歯茎の内部の状態を確認されることをお勧めしております。

 

歯茎の内部に入り込んだ歯周病菌はご自身では取り除けませんので歯科医院で麻酔をするなりしてしっかりと歯石を取る必要があります。

 

歯茎からの出血に関してのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120−25−1839

歯茎が下がってしまったら手遅れでしょうか?

だんだん歯茎が下がってくると、大変なことになったのかもと思われるかもしれません。歯茎が下がってくると、歯の長さが長く見えるようになってきます。

 

ただ、だからと言って何もしないという方が、ほとんどだと思います。歯茎を回復させるという選択肢をご存知ない方が多いのかと思います。

 

ご自身の歯の歯茎が下がってしまう場合、差し歯の歯茎が下がってしまう場合、矯正した後に歯茎が下がってしまう場合、インプラントの歯茎が下がってしまう場合など、いろいろな場面で歯茎が下がってしまうことがあります。

 

こういった時に歯茎を回復させる方法が歯茎の再生治療です。


差し歯の歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療例

差し歯の歯茎が下がってしまうのは、特殊な状況かもしれません。歯茎下がっていると、差し歯の交換をしても、新しい長い差し歯が入ってしまいます。

 

差し歯の歯茎の場合でも歯茎の再生治療は有効です。

 


続きを読む

差し歯の歯茎が下がって黒く見えるようになってしまうことがあります。

差し歯の歯茎が下がってしまう歯周病の状態があります。

 

差し歯の歯ぐきが下がって黒い歯の根っこが出て来ていませんか?

 

この状態は、単純に歯茎が下がってしまっただけでなく、歯の根っこを支えている歯根膜という組織がなくなってしまった状態です。歯根膜がなくなると歯を支える顎の骨のなくなりますので、単純に歯茎が下がってしまって見た目が悪くなったという問題ではなくなります。

差し歯の歯茎が下がってしまたのは歯周病が進行してしまったからです。

歯茎が下がってしまった差し歯
歯茎が下がってしまった差し歯

あなたの歯茎は大丈夫ですか?

 

差し歯を入れてから何年もすると、歯茎が下がってしまって歯茎が黒く見えてしまうことがあります。

 

特に神経を取って差し歯にした歯の歯茎が下がってしまうと見た目に問題が起きてしまうことが多いようです。

歯茎が下がってしまった時の治療
歯茎が下がってしまった時の治療

歯茎の再生治療と、審美歯科で歯茎の黒い見た目を改善することができます。

 

歯茎の再生治療では、歯茎の厚みを厚くしますので、歯茎が下がりにくくもなります。

 

 

歯茎が下がってしまった時の歯周病治療に関しましては下記のリンクページをご覧ください。

 

歯茎が下がった時の審美歯科治療のページ

 

ただいま歯周病の無料カウンセリングも行っております。この機会にご利用ください。

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

続きを読む

歯周病Blog 歯茎が下がってしまったときの虫歯は深く進行します。

歯茎が下がってしまって露出した根っこは虫歯になりやすいことが知られています。

 

根面カリエスといって、高齢の方で歯茎が下がってしまった方の虫歯は虫歯の好発部位として歯医者の中ではよく知られています。

 

歯茎が下がってしまうと、歯の酸に対して弱い部分が露出します。そのため虫歯になりやすく、また、進行すると深くなりやすい傾向があります。

 

虫歯が深くまで進行してしまっている場合は抜かざるを得ないこともあります。

 

歯茎が下がった部分の虫歯に対しては歯茎の再生治療が難しい場合もよくあり、虫歯になる前に歯茎をもとの位置に戻すことが大切になります。虫歯予防のための歯茎の再生治療ということ行なっております。

 

歯茎が下がってしまった時の歯茎を再生させる方法に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。ご興味のある方はクリックしてご覧ください。

 

歯茎が下がる治療のページ

 

下がった歯茎の部分にできた虫歯によって歯茎が黒く見える場合もあります。また、矯正治療などで歯茎が下がってしまった場合は、歯ブラシの仕方が大変になりますので,歯周病の時の歯ブラシ方法をご参考ください。

 

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療

本日は差し歯の歯茎が下がってしまって黒く見えてしまう場合の治療をご紹介いたします。

 

差し歯に限らず、年齢とともに歯茎は下がってしまうものですが、差し歯の歯茎が下がってしまった場合は、天然の歯の歯茎が下がってしまった場合とはちがい、不自然な黒さに見えてしまう事が多いです。

 

差し歯の場合、差し歯の下にあるご自身の歯の根っこが黒く変色してしまう事が多いため、歯茎が下がって歯の根っこが露出すると黒く目立った色に見えてしまいます。

差し歯の歯茎が黒いってどういうこと?

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

お写真をご覧ください。前歯の差し歯の上のほうが黒く見えるのがわかりますか?

 

差し歯の入っている歯茎が下がってしまって歯茎が黒ずんで見える事があると思います.差し歯の入っている部分は通常歯の神経を抜いているため、歯の根っこ自体が黒く変色してしまっています.

 

通常、歯の根っこが変色してしまっていても歯茎が覆っていますので、歯茎が黒く見える事はないのですが,歯茎が下がったときは歯茎が黒く見えてしまいます.

 

差し歯の部分の歯茎が下がった場合,差し歯を外さないと治療が難しいケースと外さなくても歯ぐきの再生を行えるケースがあります.差し歯の適合が良くて虫歯や歯周病がない場合はそのまま歯茎を再生する事が可能ですが,炎症を起こしてしまっていたり、虫歯が発生してしまっている場合は差し歯も交換を歯ぐきの再生治療と合わせて行う必要があります.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

歯周病で歯茎が下がってしまいます。

歯茎が下がってしまう原因はいろいろありますが、歯周病が一番の原因となります。

 

歯周病が進行すると歯茎が下がってしまいます。

 

歯周病が進行してしまったら歯を抜いて入れ歯にすればいいとお考えの若い方もいらっしゃいますが、歯周病が進行してから歯を抜くまでの間に歯茎が下がってしまい歯が長くなりますので見た目がかなり悪い状態で何年も生活することになります。あまりお勧めしません。

 

また、歯周病の進行はまず骨が吸収してなくなり、その後に歯茎が徐々になくなっていきますので、歯茎を治す前に骨を回復させる必要が出てきます。歯茎が下がってきてしまうと骨の回復が限定的になってしまいますので、歯茎が下がる前に歯周病治療を始めることをお勧めします。

 

歯周病治療の流れのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

歯茎が下がったときの治療法

歯茎が下がってしまうと元に戻せないのでしょうか?

 

歯茎を戻す方法に歯茎の再生治療があります。歯茎の再生治療は、昔から行われている方法です。ただ、日本では、保険治療の関係であまり知られていません。

 

歯茎の再生治療は、保険が利かない治療法になります。歯茎の位置をを回復し、歯茎を厚くすることで将来的に歯茎が下がるのを予防することもできる治療法です。

 

歯茎の下がった方のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。

下がった歯茎を回復させるための料金

下がってしまった歯茎を回復させる治療の料金は保険治療の適応ではありません。歯茎の炎症があり、歯周病の場合,歯周病の治療を保険で行い終了後に歯茎の再生治療を行う事になります。

 

これは、保険治療に混合診療が認められていないためです。

 

また、再生治療が、歯周病が原因の場合,歯周病の治療も含めて保険治療が適応にならない場合もあります。

 

骨の再生治療に使用する再生材料の多くは保険の利かない材料となるためです。歯茎や歯を支える骨の状況によって治療費が高額となってしまう場合もあります。

 

そのため,当院では,治療前に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて、お口の状態のご説明、治療方法・治療期間のご説明、お見積もりのお渡しを行っております。

 

歯茎が下がった時の治療のページはこちら

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839

 

お問い合わせのお電話は営業時間中にお受けしております。

営業時間中はお電話が混雑する事もございますのでメールでのご相談もお受けしております。

 

メールお問い合わせ

こんな事が原因だったなんて 歯茎が下がったときの歯ブラシ方法

歯茎が下がった場合、気にしてあまり磨けない心理になってしまう事がありますが,磨かないと炎症を起こしてさらに歯茎が下がりやすい状態になってしまいます。

 

歯茎が下がってしまった場合,少し柔らかめの歯ブラシを使用して、磨く回数を10回数えながら磨くような感じが良いと思います。

 

歯茎の下がった時の治療法の詳しいページ

 

歯茎が下がった時の治療法の詳しいページでは、既に下がってしまった歯茎に対する治療法のご説明をしております。下がってしまった歯茎は歯ブラシを改善しても治らない場合が大半です。それは、歯茎が薄いからです。歯茎が厚い方の歯茎は歯ブラシを改善して治る場合がありますが,歯茎が薄い場合は歯ブラシの改善だけでは治らないでしょう。歯茎を厚く改善する歯茎の移植法などのご説明をさせて頂いております。

 

どうしても磨きにくい場合は、定期的に歯科医院でクリーニングされるといいでしょう。また、下がった歯茎を回復させるあるいは厚みを増やして丈夫にすると安心して歯ブラシをして頂けます。

必見 歯茎が下がってしまった時の回復する治療

歯茎が下がってしまったという悩みが最近増えてきているように感じます。

 

昔に比べて歯が長持ちするようになりましたが、歯を残すために歯茎の下がってしまう問題が増えてきているようです。

 

お写真のように歯茎が下がってしまう事があります。歯並びが1本前に飛び出している歯の歯茎は特に下がりやすいのです。これは歯の周囲を支える骨が少ない、歯ブラシをする時にどうしても歯茎にブラシを当てやすい、かみ合わせも強く当たってしまう、と歯茎を下げる原因を多く含むためにどなたでも歯茎が下がる可能性が高くなります。

 

こういった薄い歯茎を回復させるには単に歯茎を上に上げるだけでなく歯茎の厚みを厚くする必要があります。歯茎を厚くするためには歯茎を移植する必要があります。

 

また、この写真の方のようにかなり歯茎が薄い場合は何回か皮膚の移植を行う必要がある場合があります。厚みが不十分だと再度歯茎が下がってしまう事があるためです。

 

歯茎が下がった時の治療法のページ