歯茎の退縮と歯の見た目、審美歯科について

歯が長くなってしまったら見た目に老けた感じになります。

 

歯茎を再生させて、平均的な歯の長さに戻すことが審美的と言えます。また、それ以上に歯周病の進行を食い止めることができますので、メリットが大きいです。

歯茎の退縮と審美ケース 前歯の差し歯の歯茎が下がってしまった場合

歯茎の退縮
歯茎の退縮

歯茎が退縮してしまい見た目に良くない状態となっております。また、歯茎下がることでさらに歯茎が磨きにくい状態になってしまい歯茎が傷ついてしまっています。

歯茎を再生させた状態
歯茎を再生させた状態

歯茎の再生治療を行うことで、歯茎が元の位置に回復し、審美的な大きさの仮歯が入りました。

歯茎のラインが左右対称になることで、歯の大きさも左右対称になります。歯の大きさが左右で対称になることは、本人より、歯を見ている他人の方が気になります。

 

また、歯茎の再生を行うことで今後歯茎が下がることを予防することができます。


長い差し歯は外してから歯茎の再生治療を行います.

長い差し歯
長い差し歯

犬歯の隣の差し歯を治療すると言う事で、歯の長さを改善するために歯茎の再生委治療を行います。このケースでは、長さの長い差し歯を外して仮歯に交換した上で歯ぐきの再生治療を行います.

 

従来法では、下がった歯茎に合わせて差し歯を作成しますので、歯の長さは長いまま、あるいはさらに長さの長い差し歯になってしまっていました.

 

歯ぐきの再生治療を取り入れる事で、下がった歯茎を回復できますので、歯の長さをもとの長さに回復して、歯の長さが元通り短くなります.

 

そのため、歯茎が下がった場合の審美歯科治療は、従来の差し歯治療ではなく歯茎の再生治療を行う事をお勧めしております。

 

当院では、かかりつけの先生で差し歯の治療を行って、歯ぐきの再生治療だけ当院で行う方も増えてきています.

歯ぐきの再生
歯ぐきの再生

お写真のように歯茎の再生を行う事で、下がった歯茎を回復させる事が可能です.仮歯が入っています.


歯を残すための再生治療の料金

歯周病で歯茎が下がってしまった場合、残念ながら保険の適応となる治療では歯茎を回復させる事ができません。

 

歯茎が下がっていって歯を抜くような事になった場合、最近一般的にはインプラント治療を行う場合が多いようです.しっかりと噛めるし長持ちするという理由でインプラントを行います.

 

歯茎を再生させて歯を残す事は、インプラントになる費用の出費を抑える事にもなります.歯茎の再生治療の料金はインプラント治療にかかる料金の半分以下の料金となります.

 

経済的なメリット以上にご自身の歯を長持ちさせる事ができるという大きなメリットもあります.

 

歯茎の再生治療の料金のページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

~歯茎の再生治療の注意~

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

歯周病で歯茎が下がる

歯周病が進行すると歯茎が下がってしまいます。

 

歯茎の下がる原因の一つに歯周病があります。日本人の80%がかかっているというデータもあるほど歯周病は10代や20代にも見られ、まさに国民病と言えます。歯周病が原因で歯茎が下がることも多いものと思われます。

 

 歯周病になると歯と歯茎の間にある歯周ポケットという隙間が深くなります。深くなったポケットの奥は歯ブラシが届かず細菌が増殖する格好の環境となります。歯周病の原因となる歯周病菌などが増殖しやすい環境になります。

 

 細菌が増殖すると、細菌が出す毒素によって歯茎を支える歯槽骨が溶かされるため歯茎が下がり、歯が伸びて長く見えたり、歯と歯の間に隙間ができて食事が詰まるほど歯茎を痩せさせることにつながります。

 

 歯周病は歯周ポケットが深くなる前は歯磨きで改善できますが、

歯周ポケットが4ミリ以上深くなると歯磨きにもコツが必要になりますし、ポケット内に歯石が付着していますので、歯医者での診察が必要です。

 

歯茎が下がる

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

歯茎が下がってしまったら手遅れでしょうか?

あなたは、歯茎が下がってしまった時、どうされていますか?

 

何もしないという方が、ほとんどだと思います。歯茎を回復させるという選択肢をご存知の方自体が少ないのが現状です。

 

ご自身の歯の歯茎が下がってしまう場合も、差し歯の歯茎が下がってしまう場合、矯正した後に歯茎が下がってしまう場合、インプラントの歯茎が下がってしまう場合など、いろいろな場面で歯茎が下がってしまっているかと思います。

 

こういった時に歯茎を回復させる方法が歯茎の再生治療です。

歯茎が下がってしまった時の歯茎の再生治療例

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯の歯茎が下がって、そのままオールセラミックで治療していますが、歯の長さが長くなってしまっています。

歯茎下がる
歯茎下がる

差し歯の歯茎が下がっても、諦めなくても良いかもしれません。

 

上の写真の状態から、歯茎の再生治療を行うと下のお写真の状態になります。前歯のオールセラミッックも交換が必要ですが。

歯茎が下がってしまってお悩みの方は、まずは歯茎が下がった治療の詳しいページをご覧ください。

 

歯茎が下がってしまった時の治療のページ

続きを読む

歯茎が下がるのはなぜ?

歯茎が下がってしまうのはなぜでしょうか。

 

若い方でも歯茎が下がってしまう方もいれば、年配の方でも歯茎がしっかりとしている方もいらっしゃいます。

 

歯茎が下がるのは加齢的な現象ではありません。

 

歯茎が下がる一番の原因は歯周病です。歯周病もまた加齢的な現象ではありません。歯周病は炎症です。炎症を取る必要があります。

 

また、歯ブラシの強さも気をつけてください。最近電動歯ブラシの普及で歯のことを気にされる方は特に長時間使用している場合があります。電動歯ブラシの長時間使用は歯茎を痛めます。そして歯茎は下がります。

 

歯ぎしりの強い方も歯茎が下がります。歯の根っこが削れてなくなるためと思われます。

 

このように、歯茎が下がってしまう原因はいろいろあります。通常の歯科治療では下がった歯茎を元に戻す方法はありません。

 

歯茎が下がった時は再生させる方法に歯茎の再生治療があります。歯茎の再生治療は、保険が利きませんので将来的な歯にかかる費用と再生をやったときの費用を比較してどうするか検討されるのも一つの方法です。

 

歯茎が下がり続けて歯が悪くなって最終的に抜くことになると思いますが、その後の治療費を考えると再生治療を行って歯を持たせることに費用をかける用がメリットがあると思われます。

 

歯茎が下がった時の治療法

 

無料カウンセリングお問い合わせ お電話ください。

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

歯茎が下がって黒くなってしまった場合の治療

歯茎が黒いのがずっと気になってしまいます!!

 

笑った時に見える前歯の差し歯の歯茎が差し歯の色に比べて黒っぽいことから歯茎の際の部分が黒っぽっく見えるようになってしまいます。

 

見た目が悪いため、ご相談にお越しになる方が増えています。

 

歯茎が黒い場合には歯茎の再生治療で歯茎を回復することで見た目を改善する事ができる場合があります。

 

今回は、歯茎が黒く見える場合の歯茎の再生治療例をご説明いたします。


歯茎が黒く見える場合の歯茎の再生治療

歯茎が下がって黒く見える場合の治療
歯茎が下がって黒く見える場合の治療

歯茎が下がってしまっている方の歯並びの御相談のケースです.

歯茎が下がってしまっている差し歯は黒く見えてしまいます.歯並びの治療も合わせて希望されました.

歯並びを審美歯科と部分矯正で治療している途中状態
歯並びを審美歯科と部分矯正で治療している途中状態

歯の大きさを整えた仮歯を入れて、下の歯を部分矯正で並べている途中です.

歯の大きさを調整するための仮歯を入れています.

 

歯茎が黒い方の治療のページ

 

続きを読む

歯茎が下がったところにレジンの詰め物をしている場合でも歯ぐきを回復します.

歯茎が下がってしまった時にレジンという詰め物をしてますが、歯茎の再生治療は可能でしょうか?

 

通常、歯茎が下がって歯の根っこが削れてしまうとレジンというプラスティック製の光で固まる詰め物をします。

 

歯茎の再生治療をする際には、レジンの形を修正するか、色が変わってしまっている場合は、一度全部外して詰めなおしをします。

 

レジンを外した後に歯茎の再生治療(結合組織移植術)をおこないます。

 

難しい話ですか?

 

下のお写真をご覧いただくと分かりやすいと思います。

歯と歯茎の付け根の部分の色が変わってしまっている部分がレジンという詰め物をしている部分です。

 

歯茎を再生して、歯の根っこが露出している部分を覆いますので、歯茎で覆う部分はレジンを取り除きます。

下がった歯ぐき
下がった歯ぐきから露出している歯の根っこにレジンが詰まっているケース

 

 

 

 

 詰め物を外して大丈夫ですか?

 

基本的にレジンなどの詰め物は下がった歯ぐきの部分だけでなく、エナメル質の部分も削って覆っているため、歯ぐきの再生治療で完全に覆えない部分は再度レジンなどの詰め物をする事もあります.

 

歯ぐきの下がりとレジン
レジンを取り除いて歯ぐきの下がっていた部分を歯ぐきの再生治療で覆った状態。

お写真は、歯ぐきの再生治療後の状態です.下がっていた歯ぐきのほとんどの部分を歯ぐきで覆う事ができました。歯の長さがかなり短くなったのがおわかりいただけるかと思います.オペの後もほとんど残らずきれいな歯ぐきをしております.ただ、下がった歯ぐきから露出していた歯の根っこの覆いきれなかった部分は少し濃い色をしています.

 

歯茎の再生治療後に根っこが露出している部分をレジンで覆うってことですね。

 

治療前にレジンで覆われていた部分のすべてを覆えるわけではないので、歯ぐきの再生治療で歯の根っこを覆えない部分は再度レジンにて覆う場合もあります.

 

歯ぐきの下がったときの治療に関しては下記のページにさらに詳しく書いております.

歯茎が下がったときの治療のページ

 

 


続きを読む

歯茎はどこまで下がっても大丈夫か?

歯茎が下がってきた。。大丈夫?

 

とお考えになられている方もいらしゃるのではないでしょうか。差し歯の歯茎が下がって見た目が悪いという審美的な問題を気にされる方もいらっしゃいますが,それよりも歯茎が下がり続けて歯が抜けてしまわないのか心配される方の方が多いように感じます。

 

私の経験的には、歯茎が少し下がった程度では歯が抜けてしまう心配までしなくてよいと思います.ただ、歯茎の下がりが歯茎の粘膜と言って血管が透けて見える部分に達するまで下がってしまった場合は要注意だと思います.

 

歯茎が下がってしまうと、歯周病のリスクが高まってしまうからです.

 

歯茎の粘膜に達するまで歯茎の下がった状態

歯茎が下がっている方の矯正治療の場合
歯茎が下がっている

お写真の前歯の歯茎が下がっている部分ですが,よく見て頂くと血管が透けて見える粘膜と言われている赤い歯茎の所まで歯茎が下がってしまっているのがわかるかと思います.

 

正常な場合の歯茎は、歯と接する部分の歯茎は角化歯肉と言われており少し白っぽく見える動かない歯茎で接しております.

 

歯茎の下がりが進行してこの角化歯肉を超えて粘膜の部分まで歯茎が下がってしまうと歯周病のリスクが高まります.歯ブラシをする事が難しくなる事とものがくっつきやすくなる事が原因で歯周病になりやすくなってしまいます.また、粘膜は傷つきやすいためさらに下がってしまう可能性が高くなります.

 

歯茎が下がったときの治療に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

 

また、歯茎が下がって治療をご希望の方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真を見ていただいてわかるように回復した歯茎が剥がれてしまっているということはありません。しっかりと厚くて丈夫な歯茎が出来上がってきています。

 

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万7千円(税込み)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しています。このケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。

 

必見 歯茎が下がってしまった時の回復する治療

20代で歯茎が下がってしまった方へ。

 

まだ歯周病にかかる年齢でもないのに、歯茎がどんどん下がってしまってお悩みではありませんか?

 

歯茎が下がりやすい薄い歯茎をされている方は不要にな歯ブラシ方法などによって、若くしても歯茎が下がってしまいます。歯周病で歯茎が下がる場合とは原因がちがいます。

 

通常、20代の方は歯茎が下がってしまった部分は回復できます。

 

今回は歯茎が下がってしまった場合の歯科治療のご紹介です。


歯茎が下がってしまった場合の治療法

歯茎が下がってしまったという悩みが最近増えてきているように感じます。

 

昔に比べて歯が長持ちするようになりましたが、歯を残すために歯茎の下がってしまう問題が増えてきているようです。

 

お写真のように歯茎が下がってしまう事があります。歯並びが1本前に飛び出している歯の歯茎は特に下がりやすいのです。これは歯の周囲を支える骨が少ない、歯ブラシをする時にどうしても歯茎にブラシを当てやすい、かみ合わせも強く当たってしまう、と歯茎を下げる原因を多く含むためにどなたでも歯茎が下がる可能性が高くなります。

 

こういった薄い歯茎を回復させるには単に歯茎を上に上げるだけでなく歯茎の厚みを厚くする必要があります。歯茎を厚くするためには歯茎を移植する必要があります。

 

また、この写真の方のようにかなり歯茎が薄い場合は何回か皮膚の移植を行う必要がある場合があります。厚みが不十分だと再度歯茎が下がってしまう事があるためです。

 

歯茎が下がった時の治療法のページ


続きを読む

歯と歯の間の歯茎が下がることがあります。

歯と歯の間の隙間が広がって気にされていませんか?

 

矯正治療後や、年齢と共に歯と歯の間の歯茎が下がってしまい、隙間が広がってしまう事があります。

 

特に前歯に隙間ができてしまうと、息が漏れて話しにくくなったり、見た目が目立ってしまいますし、物が挟まりやすくなってお手入れが大変になります。

 

隙間ができる原因は色々考えられますが、歯間ブラシのサイズが合ってない場合や、歯周病などではと歯の間の骨が吸収してしまった場合などがあります。

 

今回は、歯と歯の間の隙間を治す治療法のご紹介です。


歯と歯の間の隙間を治す治療法のご紹介

歯と歯の間の歯茎が下がる
歯と歯の間の歯茎が下がる

あなたは、歯と歯の間の歯茎が下がってしまった場合どうされていますか?

 

気にならないのであればそのまま放置することも良いと思います。

 

ただ、歯周病が進行してしまっている場合は、歯周病の治療をした上で放置することをお勧めしております。

 

見た目を気にされる場合は、歯を削らずに間に、ダイレクトボンド法血という方法でペースト状の詰め物を利用して歯の隙間を埋めることも可能です。

ダイレクトボンド法で隙間を埋める

続きを読む

歯茎が下がるのは歯周病の前兆?

しっかりと歯茎のケアをされて歯周病ではないといわれているのに、歯茎が下がってしまうのはどうしてでしょうか?

 

加齢現象でしょうか?

 

そんなご質問をいただくことがあります。

 

年をとっても歯茎が下がる歯と下がらない歯があります。つまり、単純に加齢現象だとは言えないのです。

 


歯茎が下がる歯と下がらない歯

歯茎が下がる
歯茎が下がる

それでは、歯茎がだんだん下がってしまうのは歯周病が始まっているからだと思いますか?

 

歯茎が下がっても炎症してないことが多いので、歯周病ではないこともあります。

 

お答えいたします。

歯茎が下がってしまう理由は、

  • 歯茎の厚みが薄いこと
  • 歯を支える骨の厚みが薄いこと
  • 歯ブラシの強さが不適切なこと
  • 歯ぎしりなどで歯茎の部分の歯が欠けてしまっていること
  • 歯周病が進行して歯茎の中の骨が溶けた場合

などがあります。

 

一番よくないのは、歯周病が進行して歯茎の中の骨が溶けた場合です。歯茎を回復するのが困難です。

 

歯周病かどうかを簡単に言うと、歯周病が進行した場合先に骨が吸収してその後に歯茎が下がっていきます.歯周病の感染がない場合は先に歯茎が下がります.そのため、歯茎が下がってきていても歯周病が進行しているとは限りません.

 

歯茎が下がってしまった場合は、まず歯茎の検査をされると良いのではないでしょうか。

 

歯茎が下がったときの治療ページ


続きを読む