矯正治療と歯茎の下がりについて

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.


矯正治療と歯茎の下がったケース

歯茎の下がりと矯正

中学生の頃に矯正をした後、下の前歯の歯茎が下がってしまったケースです.

矯正治療と歯茎の下がり

歯茎の再生治療でもとの歯茎に戻しました.



矯正治療を経験された方で歯茎が下がってきたと感じられた場合お早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めいたします.

矯正治療では顎の骨のある範囲で歯を並べる事が基本ですが,ワイヤーの性質上また、骨の位置を確認しながら歯を並べる事が難しいため、歯の周囲を支える骨が薄くなってしまう事がよく起こります.

 

歯茎が下がってきてしまった場合は、骨が薄いかない部分ですので、さらに歯茎が下がると骨の吸収が大きくなってしまいます.歯茎が下がり始めたと思ったらお早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めします.


矯正治療後の歯茎の再生治療例

治療前

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまています。

治療後

歯茎の再生治療で、歯茎を回復させ、厚みを増して歯茎が下がりにくい状態にしました。



矯正と歯茎に関するブログ

歯茎が下がったときの治療法 回復がむずかしいケース

歯茎が下がってしまった時に、歯茎の再生治療(結合組織移植術)によって露出した歯の根っこを覆うことが可能な場合、難しい場合があることが報告されています。

 

どういった場合に歯茎を再生すること難しいかをご説明いたします。

続きを読む

歯茎が下がったら初期のうちに対応すると良いでしょう

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎が下がり始めたと思ったら、要注意です.なんだか歯が長くなってきたななんて感じている場合,歯茎を完全に回復させる最後のチャンスかもしれません.進行しすぎると歯茎が完全に回復しない事もあります.

 

どういうことかと言いますと、歯茎が下がってしまうと歯の内部にある歯槽骨という歯を支える骨も合わせてなくなってしまいます。歯茎が大きく下がってしまった場合、歯茎と合わせて骨も無くなってしまうということです。

 

骨がなくなってしまった場合、骨を再生することは歯茎を再生する場合より困難になります。完全に歯茎を回復できないことが多いです。

 

そのため、歯茎が下がってきた場合は、早めに歯茎を回復させることと、歯茎の厚みを厚くする事が見た目にも、歯の健康のためにも良いと考えられます。

 

 

続きを読む

差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療

本日は差し歯の歯茎が下がってしまって黒く見えてしまう場合の治療をご紹介いたします。

 

差し歯に限らず、年齢とともに歯茎は下がってしまうものですが、差し歯の歯茎が下がってしまった場合は、天然の歯の歯茎が下がってしまった場合とはちがい、不自然な黒さに見えてしまう事が多いです。

 

差し歯の場合、差し歯の下にあるご自身の歯の根っこが黒く変色してしまう事が多いため、歯茎が下がって歯の根っこが露出すると黒く目立った色に見えてしまいます。

続きを読む

必見 歯茎が下がってしまった時の回復する治療

歯茎が下がってしまったという悩みが最近増えてきているように感じます。

 

昔に比べて歯が長持ちするようになりましたが、歯を残すために歯茎の下がってしまう問題が増えてきているようです。

 

お写真のように歯茎が下がってしまう事があります。歯並びが1本前に飛び出している歯の歯茎は特に下がりやすいのです。これは歯の周囲を支える骨が少ない、歯ブラシをする時にどうしても歯茎にブラシを当てやすい、かみ合わせも強く当たってしまう、と歯茎を下げる原因を多く含むためにどなたでも歯茎が下がる可能性が高くなります。

 

こういった薄い歯茎を回復させるには単に歯茎を上に上げるだけでなく歯茎の厚みを厚くする必要があります。歯茎を厚くするためには歯茎を移植する必要があります。

 

また、この写真の方のようにかなり歯茎が薄い場合は何回か皮膚の移植を行う必要がある場合があります。厚みが不十分だと再度歯茎が下がってしまう事があるためです。

 

歯茎が下がった時の治療法のページ

続きを読む

歯茎が下がってしまうのは歯ブラシだけが原因ではありません。

歯茎が下がってしまうと、多くの歯科医師は歯ブラシを強く磨きすぎたためと説明するかと思います。

 

歯ブラシは、歯茎が下がってしまう原因の一つです。ただ、他にも原因がいろいろあります。

 

矯正治療も歯茎が下がってしまう原因の一つです。

 

矯正治療後に、歯茎が下がってしまう方が非常に多い確率でご相談にお越しいただきます。

続きを読む