矯正治療と歯茎の下がりについて

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.


矯正治療と歯茎の下がったケース

歯茎の下がりと矯正

中学生の頃に矯正をした後、下の前歯の歯茎が下がってしまったケースです.

矯正治療と歯茎の下がり

歯茎の再生治療でもとの歯茎に戻しました.



矯正治療を経験された方で歯茎が下がってきたと感じられた場合お早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めいたします.

矯正治療では顎の骨のある範囲で歯を並べる事が基本ですが,ワイヤーの性質上また、骨の位置を確認しながら歯を並べる事が難しいため、歯の周囲を支える骨が薄くなってしまう事がよく起こります.

 

歯茎が下がってきてしまった場合は、骨が薄いかない部分ですので、さらに歯茎が下がると骨の吸収が大きくなってしまいます.歯茎が下がり始めたと思ったらお早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めします.


~歯茎の再生治療の注意~

 

お写真や治療法のご説明の内容を掲載する際には、料金や治療のリスクを表示することになっております。治療を検討される際には、注意も合わせてご確認ください。

 

歯茎の再生治療は保険外診療となります。当院では、歯茎の再生治療1~3本で7万円(税別)かかります。

 

歯茎が下がって歯の根っ子が露出しているケースのように歯茎の炎症がなく、歯と歯の間の骨が吸収していないケースに関しては、露出した歯の根っこを覆えることが報告されています。歯周病が進行したケースなど歯を支える骨の吸収したケースでは、歯茎が回復しない場合もあります。

 

 

リスク

 

外科的な治療ですので、治療後に糸でしっかりと縫う必要があります。尖ったものが刺さってしまったりして歯茎が開くと出血してしまうリスクがあります。

 

 

 

 

歯茎の再生治療は、歯周病の進行具合や感染の状況によって回復できる歯茎の位置が変わります。ご希望の位置まで歯茎が必ず回復する治療ではありません。



矯正治療後の歯茎の再生治療例

治療前

歯茎が下がって歯の根っこが露出してしまています。

治療後

歯茎の再生治療で、歯茎を回復させ、厚みを増して歯茎が下がりにくい状態にしました。



矯正と歯茎に関するブログ

こんな場合に歯茎が下がります.

歯茎が下がる原因は、歯を支える歯茎と骨の厚みが薄いからとされています。

 

近年、CTを撮影する事で、歯を支える骨の厚みを簡単に確認することができるようになりました。骨が薄い場合は、丁寧な歯ブラシなど歯茎が下がりにくくするように気をつけることが必要になります。

 

続きを読む

必見 歯茎が下がってしまった時の回復する治療

20代で歯茎が下がってしまった方へ。

 

まだ歯周病にかかる年齢でもないのに、歯茎がどんどん下がってしまってお悩みではありませんか?

 

歯茎が下がりやすい薄い歯茎をされている方は不要にな歯ブラシ方法などによって、若くしても歯茎が下がってしまいます。歯周病で歯茎が下がる場合とは原因がちがいます。

 

通常、20代の方は歯茎が下がってしまった部分は回復できます。

 

今回は歯茎が下がってしまった場合の歯科治療のご紹介です。

続きを読む

歯茎が下がったときの治療法 回復がむずかしいケース

歯茎が下がってしまった時に、歯茎の再生治療(結合組織移植術)によって露出した歯の根っこを覆うことが可能な場合、難しい場合があることが報告されています。

 

どういった場合に歯茎を再生すること難しいかをご説明いたします。

続きを読む

歯茎が下がったら初期のうちに対応すると良いでしょう

なんか最近歯の長さが長くなってきたな〜と思っている方へ。

 

歯の長さが長くなってしまうのは、歯茎が下がってしまっているためです。歯茎の退縮は日炎症性の歯周病といって、顎の骨を吸収させてしまうのでお早目の対応をされることをお勧めしております。

続きを読む

歯茎が下がっていても矯正治療をして大丈夫か?

矯正治療をする前に歯周病や歯茎の確認は済んでいますか?

 

歯茎が下がってしまっていても矯正治療をして大丈夫かというご質問をいただくことが良くあります。

 

成人の方の場合、歯並びの悪いところの歯茎が下がってしまっていることが良くありますし、通常の矯正専門医の先生はこの質問にしっかりとした経験にもとずいた回答をできないでしょうから、わかりやすくご説明いたします。

続きを読む