矯正治療と歯茎の下がりについて

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.

矯正治療と歯茎の下がったケース

歯茎の下がりと矯正

中学生の頃に矯正をした後、下の前歯の歯茎が下がってしまったケースです.

矯正治療と歯茎の下がり

歯茎の再生治療でもとの歯茎に戻しました.


矯正治療を経験された方で歯茎が下がってきたと感じられた場合お早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めいたします.

矯正治療では顎の骨のある範囲で歯を並べる事が基本ですが,ワイヤーの性質上また、骨の位置を確認しながら歯を並べる事が難しいため、歯の周囲を支える骨が薄くなってしまう事がよく起こります.

 

歯茎が下がってきてしまった場合は、骨が薄いかない部分ですので、さらに歯茎が下がると骨の吸収が大きくなってしまいます.歯茎が下がり始めたと思ったらお早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めします.

矯正と歯茎に関するブログ

2017年

4月

25日

差し歯の歯茎が下がってしまった場合の治療

差し歯の歯茎が下がる
差し歯の歯茎が下がる

差し歯の入っている歯茎が下がってしまって歯茎が黒ずんで見える事があると思います.差し歯の入っている部分は通常歯の神経を抜いているため、歯の根っこ自体が黒く変色してしまっています.

 

通常、歯の根っこが変色してしまっていても歯茎が覆っていますので、歯茎が黒く見える事はないのですが,歯茎が下がったときは歯茎が黒く見えてしまいます.

 

差し歯の部分の歯茎が下がった場合,差し歯を外さないと治療が難しいケースと外さなくても歯ぐきの再生を行えるケースがあります.差し歯の適合が良くて虫歯や歯周病がない場合はそのまま歯茎を再生する事が可能ですが,炎症を起こしてしまっていたり、虫歯が発生してしまっている場合は差し歯も交換を歯ぐきの再生治療と合わせて行う必要があります.

 

歯茎が下がったときの治療のページ

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

23日

歯茎が下がったら初期のうちに対応すると良いでしょう

歯茎が下がる
歯茎が下がる

歯茎が下がり始めたと思ったら、要注意です.なんだか歯が長くなってきたななんて感じている場合,歯茎を完全に回復させる最後のチャンスかもしれません.進行しすぎると歯茎が完全に回復しまい事もあります.

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

06日

必見 歯茎が下がってしまった時の回復する治療

歯茎が下がってしまったという悩みが最近増えてきているように感じます。

 

昔に比べて歯が長持ちするようになりましたが、歯を残すために歯茎の下がってしまう問題が増えてきているようです。

 

お写真のように歯茎が下がってしまう事があります。歯並びが1本前に飛び出している歯の歯茎は特に下がりやすいのです。これは歯の周囲を支える骨が少ない、歯ブラシをする時にどうしても歯茎にブラシを当てやすい、かみ合わせも強く当たってしまう、と歯茎を下げる原因を多く含むためにどなたでも歯茎が下がる可能性が高くなります。

 

こういった薄い歯茎を回復させるには単に歯茎を上に上げるだけでなく歯茎の厚みを厚くする必要があります。歯茎を厚くするためには歯茎を移植する必要があります。

 

また、この写真の方のようにかなり歯茎が薄い場合は何回か皮膚の移植を行う必要がある場合があります。厚みが不十分だと再度歯茎が下がってしまう事があるためです。

 

歯茎が下がった時の治療法のページ

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

27日

矯正治療で歯茎が下がる場合

歯茎が下がっている方の矯正治療の場合
歯茎が下がっている方の矯正治療の場合

矯正治療で、凸凹していた歯並びをきれいに並べた場合、歯茎が下がってしまう事がよくあります。

特に元々歯茎が下がっている成人の方の矯正治療では、さらに歯茎が下がってしまう事になります.

 

矯正治療をお考えの成人の方は、歯茎が下がる事を予防しながら矯正治療を行う必要があります。歯を支える顎の骨に厚みを増やしてから矯正を行い、矯正治療後に歯茎の再生を行う事が一般的です.

 

歯茎の再生は歯茎が下がったときの治療のページをご覧ください.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2017年

3月

19日

歯周病ブログ 歯周病の場合の歯ブラシの確認

歯周病になってしまった方は、日々の歯ブラシの習慣を変える必要があります。歯磨きにかけていた時間を長くする必要もありますし、鏡をみならが磨いていただく必要もあります。また、使用する歯ブラシも何種類かお使いいただくことになります。

 

歯ブラシを上手にすることで歯周病の炎症を抑え、歯科医院での処置を有効にします。歯ブラシができてない場合、歯科医院での治療が無意味になってしまうこともあります。

 

歯ブラシの仕方でよく注意して頂くのは強く磨き過ぎや長く磨き過ぎに関してです。お口の中を拝見すると歯茎が白くなってしまっていたり、こすれて歯の表面が薄くむけてしまっていたりする事があります。これは歯ブラシで歯茎が痛んでいる状態です。

同じところを何度もこする癖が合ったり、歯ブラシの毛先が固い物を使用していたりするとすぐに歯茎は痛んでしまいます。

また、歯茎が下がってしまう事もよくあります。ご注意ください。

 

歯周病の歯ブラシのページ

 

歯周病の歯ブラシお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

 

 

 

続きを読む 0 コメント