矯正治療と歯茎の下がりについて

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.

歯周病は歯並びの悪いところで特に深く進行します。

 

これは、歯並びの悪いところが歯磨きをしにくいこと、歯と歯の距離が短いと歯石を取りにくいことなどによります。

 

歯周病の方は、しっかりと磨けるようにまた、治療を行う上で根っこが近い状態を解消するために、矯正治療を行うことがあります。

 

ただ、矯正治療を行うと歯を支えている骨が少ない方では歯茎が下がってしまいます.特に歯と歯の間の歯茎が大きく下がってしまい、ブロックトライアングルと言っている三角形の隙間が歯と歯の間にできてしまう事も多いです。

 

また、あごの骨の無いところに矯正治療で歯を移動させてしまうと歯茎の吸収が顕著になってしまう事があります.

 

こういった場合は、歯茎の再生治療で対応します.

矯正治療と歯茎の下がったケース

歯茎の下がりと矯正

中学生の頃に矯正をした後、下の前歯の歯茎が下がってしまったケースです.

矯正治療と歯茎の下がり

歯茎の再生治療でもとの歯茎に戻しました.


矯正治療を経験された方で歯茎が下がってきたと感じられた場合お早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めいたします.

矯正治療では顎の骨のある範囲で歯を並べる事が基本ですが,ワイヤーの性質上また、骨の位置を確認しながら歯を並べる事が難しいため、歯の周囲を支える骨が薄くなってしまう事がよく起こります.

 

歯茎が下がってきてしまった場合は、骨が薄いかない部分ですので、さらに歯茎が下がると骨の吸収が大きくなってしまいます.歯茎が下がり始めたと思ったらお早めに歯茎の再生治療を行う事をお勧めします.

矯正と歯茎に関するブログ

2017年

5月

21日

あなたは歯茎が下がったときの相談を誰にしますか?

歯茎が下がってしまった時に歯茎を回復させる治療を行っているのは一部の歯科医院のみです.


歯茎が下がっている御相談は歯医者を選んでいかないと、経過を見ましょうと言われるだけになってしまい、時間の無駄です.歯ぐきの再生治療を頻繁に行っている病院を探す必要があります.


また、経過を見るだけでは悪くなる一方の事が多いため,「歯茎が下がって歯が抜けてしまうのではないかと心配しています。」というご相談をお受けすることがありますが、歯茎が下がる事で歯が抜けてしまう場合もありますので経過を見る(放置する)だけで済ますのはあまりお勧めできません.

 

歯茎の下がった状態は歯と歯茎がはがれてしまった状態ですので、歯周病が進行した状態と同じになります。その状態で炎症を起こしますと比較的早い段階で歯の根っこの先端まで炎症が広がり歯を抜かなくては行けなくなるケースもあります。

 

心配な時は無料カウンセリングにおこしになられると良いと思います。

 

歯茎が下がってしまったときの治療方法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.


歯茎が下がってしまった時のページ

 

歯茎が下がってしまった場合に歯ぐきの再生治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは予約制となります.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

20日

歯茎が下がっていても矯正治療をして大丈夫か?

歯茎が下がってしまっていても矯正治療をして大丈夫かというご質問をいただくことが良くあります。

 

成人の方の場合、歯並びの悪いところの歯茎が下がってしまっていることが良くありますし、通常の矯正専門医の先生はこの質問にしっかりとした経験にもとずいた回答をできないでしょうから、わかりやすくご説明いたします。

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

06日

歯ぐきの再生治療は矯正医の先生からのご依頼もお受けしております.

矯正治療後に歯茎が下がってしまったと言う方もいらっしゃいますが、こういったケースの歯茎を回復させる事が可能です.


矯正の専門医の先生からのご依頼もお受けしております.

続きを読む 0 コメント

2017年

5月

02日

歯茎が黒い原因がメラニン色素の場合

歯茎が黒い原因がメラニン色素の場合、歯の表面の皮膚が入れ替わると黒い色が取れます.

 

レーザーを使用しても良いですが,フェノールアルコール法は安くて手軽にできる歯茎のメラニン色素の除去方法です.

 

金属の粉が入り込んでいる場合との判別が重要になります.

 

歯茎が黒い場合の治療ページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバクス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

続きを読む 0 コメント

2017年

4月

30日

歯茎が下がったときの治療法 回復がむずかしいケース

歯茎が下がる
歯茎が下がる 初診

歯茎が下がってしまっています.このケースでは地元の歯科医院にて歯茎の移植処置を受けられたそうですが,歯茎の色が変わっただけで歯茎が下がったまま改善されないと言う事でご来院いただきました.

 

このケースのように歯と歯の間の歯茎が下がってしまっている場合は、回復させる事がむずかしいです.ただ、表側の歯茎の下がってしまっている部分は歯茎の再生治療をしっかりと行う事で回復します.間違った移植法を行うとお写真のように歯茎の色が変わってしまうだけで回復しない事になります.

続きを読む 0 コメント